HOME 国内

2022.10.31

リオ五輪&世界選手権代表・北川貴理が現役引退 今後は教員に「良い指導者になれるように精進」
リオ五輪&世界選手権代表・北川貴理が現役引退 今後は教員に「良い指導者になれるように精進」

富士通は男子短距離の北川貴理が10月20日をもって退部したことを発表した。

北川は1996年生まれの26歳。福井・敦賀高時代に400mで頭角を現わすと、2年目にインターハイ7位、国体2位、日本ユース選手権優勝と活躍する。高3時には米国・ユージンで行われた世界ジュニア選手権4×400mリレーで銀メダル獲得に貢献すると、帰国して直行した山梨インターハイで400mに優勝。決勝では自己新となる46秒57をマークした。その後、日本ジュニア選手権、国体も制して高校3冠を達成。

卒業後は順大へ進学すると、1年目にはアジア選手権で5位。ユニバーシアードでも7位に入った。北京世界選手権の4×400mリレーでアンカーを務め、秋の日本インカレは1年生優勝を飾った。2016年には日本選手権で3位に食い込むとリオ五輪4×400mリレー代表に選出。翌年にはロンドン世界選手権に個人(400m)でも出場。3年目には日本選手権で初優勝を果たした。2019年に富士通へ加入。自己ベストは17年の45秒48(日本歴代11位)だった。

近年はケガに悩まされてなかなか本来の力を発揮できなかったが、高校時代から100m10秒64、200m21秒台の走力を生かしつつ、自信を持つ後半で抜群の強さを見せて追い込んでくる走りで活躍。4×400mリレーでも日本代表を支えた魅力溢れるロングスプリンターだった。

北川は富士通のHPを通じ、「日本代表を目指し、日本一のチームで競技ができるという期待を持って入社したことを昨日のことのように覚えています」と振り返り、所属した4年間で「自分自身の成長につながったと思います」と感謝をつづった。

今後は地元・福井に戻って中学・高校の保健体育教員として勤務する予定。「最高の環境で競技できたことを幸せに思います。今度は私自身が経験を生かし、良い指導者になれるように精進したいと思います」とコメントしている。

■北川貴理のコメント全文
2019年に入社し、約4年間富士通陸上競技部で競技を続けることができました。日本代表を目指し、日本一のチームで競技ができるという期待を持って入社したことを昨日のことのように覚えています。

入社1年目は日本選手権に出場することはできませんでしたが、全日本実業団陸上競技選手権4×400mリレーで優勝、400mでは2位に入賞することができました。また、2021年の全日本実業団陸上競技選手権でも4×400mリレーで優勝、また、チームが団体総合優勝したことは良い思い出となりました。しかしながら、個人種目となる400mではなかなか結果が振るわず、2021年、2022年と日本選手権に出場はしましたが、予選敗退となり世界へ挑戦することは叶いませんでした。

調子が上がらない中、スタッフや先輩のアドバイスを受けながら陸上競技に取り組む機会が増え、練習内容、目標としている大会への年間を通したスケジュール、ケガとの向き合い方などを学び、ただ前にいる選手を抜くことだけを考えていた学生時代とは違い、これらの経験は自分自身の成長につながったと思います。また、コロナ禍の影響でテレワークがメインになり徐々に出社する機会が減っていきましたが、その中でも職場の方々とはメールなどで仕事の事や近況を連絡したりと、常に気遣って頂き社業と競技を両立することがきました。

2023年度からは地元福井県で中・高の保健体育教員として働く予定です。富士通で過ごした日々は、これからの人生にプラスになるものばかりでした。最高の環境で競技できたことを幸せに思います。今度は私自身が経験を生かし、良い指導者になれるように精進したいと思います。これまで応援頂きありがとうございました。

富士通は男子短距離の北川貴理が10月20日をもって退部したことを発表した。 北川は1996年生まれの26歳。福井・敦賀高時代に400mで頭角を現わすと、2年目にインターハイ7位、国体2位、日本ユース選手権優勝と活躍する。高3時には米国・ユージンで行われた世界ジュニア選手権4×400mリレーで銀メダル獲得に貢献すると、帰国して直行した山梨インターハイで400mに優勝。決勝では自己新となる46秒57をマークした。その後、日本ジュニア選手権、国体も制して高校3冠を達成。 卒業後は順大へ進学すると、1年目にはアジア選手権で5位。ユニバーシアードでも7位に入った。北京世界選手権の4×400mリレーでアンカーを務め、秋の日本インカレは1年生優勝を飾った。2016年には日本選手権で3位に食い込むとリオ五輪4×400mリレー代表に選出。翌年にはロンドン世界選手権に個人(400m)でも出場。3年目には日本選手権で初優勝を果たした。2019年に富士通へ加入。自己ベストは17年の45秒48(日本歴代11位)だった。 近年はケガに悩まされてなかなか本来の力を発揮できなかったが、高校時代から100m10秒64、200m21秒台の走力を生かしつつ、自信を持つ後半で抜群の強さを見せて追い込んでくる走りで活躍。4×400mリレーでも日本代表を支えた魅力溢れるロングスプリンターだった。 北川は富士通のHPを通じ、「日本代表を目指し、日本一のチームで競技ができるという期待を持って入社したことを昨日のことのように覚えています」と振り返り、所属した4年間で「自分自身の成長につながったと思います」と感謝をつづった。 今後は地元・福井に戻って中学・高校の保健体育教員として勤務する予定。「最高の環境で競技できたことを幸せに思います。今度は私自身が経験を生かし、良い指導者になれるように精進したいと思います」とコメントしている。 ■北川貴理のコメント全文 2019年に入社し、約4年間富士通陸上競技部で競技を続けることができました。日本代表を目指し、日本一のチームで競技ができるという期待を持って入社したことを昨日のことのように覚えています。 入社1年目は日本選手権に出場することはできませんでしたが、全日本実業団陸上競技選手権4×400mリレーで優勝、400mでは2位に入賞することができました。また、2021年の全日本実業団陸上競技選手権でも4×400mリレーで優勝、また、チームが団体総合優勝したことは良い思い出となりました。しかしながら、個人種目となる400mではなかなか結果が振るわず、2021年、2022年と日本選手権に出場はしましたが、予選敗退となり世界へ挑戦することは叶いませんでした。 調子が上がらない中、スタッフや先輩のアドバイスを受けながら陸上競技に取り組む機会が増え、練習内容、目標としている大会への年間を通したスケジュール、ケガとの向き合い方などを学び、ただ前にいる選手を抜くことだけを考えていた学生時代とは違い、これらの経験は自分自身の成長につながったと思います。また、コロナ禍の影響でテレワークがメインになり徐々に出社する機会が減っていきましたが、その中でも職場の方々とはメールなどで仕事の事や近況を連絡したりと、常に気遣って頂き社業と競技を両立することがきました。 2023年度からは地元福井県で中・高の保健体育教員として働く予定です。富士通で過ごした日々は、これからの人生にプラスになるものばかりでした。最高の環境で競技できたことを幸せに思います。今度は私自身が経験を生かし、良い指導者になれるように精進したいと思います。これまで応援頂きありがとうございました。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top