HOME 国内

2022.10.31

山縣亮太&デーデーブルーノが小学生の陸上教室に参加「ファンと一緒に楽しめる機会作りたい」
山縣亮太&デーデーブルーノが小学生の陸上教室に参加「ファンと一緒に楽しめる機会作りたい」

男子100m日本記録(9秒95)保持者でオリンピック代表の山縣亮太(セイコー)と、昨年の東京五輪4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)が、10月30日に小学生を対象とした陸上教室で講師を務めた。

この日は山縣の母校・慶大で「第2回ALL KEIO陸上祭」が開催。その競技会スタート前の午前と、午後の2回にわたって、所属先のセイコーが主宰している「セイコーわくわくスポーツ教室 陸上編」が実施された。

集まった小学生とウォーミングアップをして身体をほぐすと、変形ダッシュをしたあと、スターティングブロックの使い方を教える山縣とデーデー。ブロックをさわったことがないという子供たちもいるなか、優しい表情を見せながら使い方を伝授していた。

さらに世界大会でも使用されているセイコーの計測機器を用いて50mにもチャレンジ。まずは山縣とデーデーによるデモンストレーションを見せ、「6割くらいでいこう」と話してスタートして、ともに7秒29の同タイムで間近で見た子供たちも「速い!」と興奮していた。

その後は子供たちも50mにチャレンジ。一生懸命の走りでトップ選手と同じ機器でのタイム計測を体験していた。

イベント後に取材に応じた2人。「子供たちがどんなテンションか不安もありましたが良い感じに盛り上がって興味を持ってくれました」と山縣、デーデーは「陸上教室は今日が初めてで緊張していましたが、楽しめましたし勉強になりました」と振り返る。

山縣は昨年の東京五輪後の10月に右膝を手術。今季は試合に出場せず、「走る上で痛みはなく、経過は順調。一段飛ばしはできないので時間をかけていきたい」とパリ五輪に向けて焦らずに復帰に向かっていく構えだ。デーデーは今季やや本来の力を発揮できず「来年の世界選手権100m出場を目指して冬季練習していきたい」と意気込みを語る。

ここから冬季練習に入る中高生へ向けて、山縣は「追い込む時期ですが、グラウンドにいる時間と室内の時間のバランスを大事に」、デーデーは「試合が続いているとできないことを試す期間に」とアドバイスを送った。

前日にも別のイベントでファンと触れ合った山縣は「ファンと一緒に楽しめる機会や、直に触れ合って体験してもらえるようにしていきたい」と語った。

男子100m日本記録(9秒95)保持者でオリンピック代表の山縣亮太(セイコー)と、昨年の東京五輪4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)が、10月30日に小学生を対象とした陸上教室で講師を務めた。 この日は山縣の母校・慶大で「第2回ALL KEIO陸上祭」が開催。その競技会スタート前の午前と、午後の2回にわたって、所属先のセイコーが主宰している「セイコーわくわくスポーツ教室 陸上編」が実施された。 集まった小学生とウォーミングアップをして身体をほぐすと、変形ダッシュをしたあと、スターティングブロックの使い方を教える山縣とデーデー。ブロックをさわったことがないという子供たちもいるなか、優しい表情を見せながら使い方を伝授していた。 さらに世界大会でも使用されているセイコーの計測機器を用いて50mにもチャレンジ。まずは山縣とデーデーによるデモンストレーションを見せ、「6割くらいでいこう」と話してスタートして、ともに7秒29の同タイムで間近で見た子供たちも「速い!」と興奮していた。 その後は子供たちも50mにチャレンジ。一生懸命の走りでトップ選手と同じ機器でのタイム計測を体験していた。 イベント後に取材に応じた2人。「子供たちがどんなテンションか不安もありましたが良い感じに盛り上がって興味を持ってくれました」と山縣、デーデーは「陸上教室は今日が初めてで緊張していましたが、楽しめましたし勉強になりました」と振り返る。 山縣は昨年の東京五輪後の10月に右膝を手術。今季は試合に出場せず、「走る上で痛みはなく、経過は順調。一段飛ばしはできないので時間をかけていきたい」とパリ五輪に向けて焦らずに復帰に向かっていく構えだ。デーデーは今季やや本来の力を発揮できず「来年の世界選手権100m出場を目指して冬季練習していきたい」と意気込みを語る。 ここから冬季練習に入る中高生へ向けて、山縣は「追い込む時期ですが、グラウンドにいる時間と室内の時間のバランスを大事に」、デーデーは「試合が続いているとできないことを試す期間に」とアドバイスを送った。 前日にも別のイベントでファンと触れ合った山縣は「ファンと一緒に楽しめる機会や、直に触れ合って体験してもらえるようにしていきたい」と語った。 [gallery order="DESC" link="file" ids="84502,84500,84501,84499,84498,84497,84495,84496,84494,84493"]

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top