HOME 駅伝

2022.10.30

「自立」が生んだ6連覇の偉業!さらなる黄金時代へ突っ走る女王・名城大/全日本大学女子駅伝
「自立」が生んだ6連覇の偉業!さらなる黄金時代へ突っ走る女王・名城大/全日本大学女子駅伝


◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km)

10月30日に行われた第40回全日本大学女子駅伝。1区のスタート直後から、まさに一度も首位の座を譲らない。これが女王の強さ――。それを存分に示した名城大の6連覇だった。

広告の下にコンテンツが続きます

米田勝朗監督は、「あれだけ強い選手が集まれば結果を残せると思われるかもしれませんが、ケガをしたり、自分をコントロールできていなければ結果は残せません。学生たちが自分たちで考えて取り組んでいく。その習慣をつけることができたからこその6連覇だと思っています」と胸を張って語った。

その言葉通り、米澤奈々香(1年)、石松愛朱加(1年)、山本有真(4年)、谷本七星(2年)、小林成美(4年)、増渕祐香(3年)の出走メンバーは、高校から持っていた力を、さらに大学でも伸ばした選手たち。

それだけではなく、大会前のポイント練習を「全員がポイント練習に参加できていた」(増渕)というほど、出走した6人だけではなくチーム全員が、いつでも走れる状態を作っていた。これこそが、名城大の女王たる所以だ。

1、2区で連続区間賞と、1年生ながら偉業への流れを作った米澤と石松は、先輩たちの「オンとオフ」の差に驚かされたという。

広告の下にコンテンツが続きます

「寮生活はワイワイやっているけど、練習になるとガラリと雰囲気が変わります」(米澤)、「メリハリがあって居心地がいいです」(石松)。頼もしい先輩たちの背中を必死に追ってメンバーの座をつかみ、本番でも見事に力を発揮した。

2年連続で同じ区間で区間新を打ち立てた4区の谷本、アンカー・増渕は「全員で切磋琢磨できている」向上心を、先輩たちから学び、後輩たちに伝えている。

「何かがあっても全員で円になり、後輩からも意見ができます」と谷本は話す。

そんな後輩たちをまとめ上げたのが主将・小林と、副主将・山本。小林は体調が上がらず5区で区間6位にとどまったが、「成美の姿を一番近くで見ていた」山本が3区で21分37秒の区間タイと奮起した。

広告の下にコンテンツが続きます

「今年は底上げという目標でやってきました。4年生が意思統一し、チームの方向性を伝える。そうして、みんなが考えて行動するチーム作りができました」と小林は力強く語る。

山本は「後輩から意見があったり、後輩がミーティングをしてチームを良くしようと動いてくれました」と3年生以下の成長を付け加えた。

6区間中5区間で区間賞、前回と同じ1区から首位を譲らぬ完封リレーと、盤石の継走で史上初の偉業を成し遂げた。連覇が、来年以降もまだ続くのでは。そう思わせるほど、その強さは学生女子長距離界では突出している。

創部11年目で初優勝を飾った2005年当時を、米田監督は「学生を管理して押し付けてやってきた。学生たちが本当に強くなろうと思ってやっていたのだろうか」と反省の思いとともに振り返る。

広告の下にコンテンツが続きます

そこから、「日本を代表する選手を育てる」ことを目指して学生たちの自立を促し、女性アスリートの身体のことも十分考慮した取り組みを続けてきた。栄養面やケアには、さまざまなサポートを受けている。米田監督はその道のりを「私ひとりじゃできなかった」と語る。

「チーム名城としていろいろな取り組みをやってきたことが6連覇につながりました」

本番の出場こそかなわなかったが、今夏のオレゴン世界選手権10000m代表に小林が名を連ねた。駅伝だけではなく、「世界」を目指す。

その取り組みの先に、さらなる黄金時代が続いていく。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km) 10月30日に行われた第40回全日本大学女子駅伝。1区のスタート直後から、まさに一度も首位の座を譲らない。これが女王の強さ――。それを存分に示した名城大の6連覇だった。 米田勝朗監督は、「あれだけ強い選手が集まれば結果を残せると思われるかもしれませんが、ケガをしたり、自分をコントロールできていなければ結果は残せません。学生たちが自分たちで考えて取り組んでいく。その習慣をつけることができたからこその6連覇だと思っています」と胸を張って語った。 その言葉通り、米澤奈々香(1年)、石松愛朱加(1年)、山本有真(4年)、谷本七星(2年)、小林成美(4年)、増渕祐香(3年)の出走メンバーは、高校から持っていた力を、さらに大学でも伸ばした選手たち。 それだけではなく、大会前のポイント練習を「全員がポイント練習に参加できていた」(増渕)というほど、出走した6人だけではなくチーム全員が、いつでも走れる状態を作っていた。これこそが、名城大の女王たる所以だ。 1、2区で連続区間賞と、1年生ながら偉業への流れを作った米澤と石松は、先輩たちの「オンとオフ」の差に驚かされたという。 「寮生活はワイワイやっているけど、練習になるとガラリと雰囲気が変わります」(米澤)、「メリハリがあって居心地がいいです」(石松)。頼もしい先輩たちの背中を必死に追ってメンバーの座をつかみ、本番でも見事に力を発揮した。 2年連続で同じ区間で区間新を打ち立てた4区の谷本、アンカー・増渕は「全員で切磋琢磨できている」向上心を、先輩たちから学び、後輩たちに伝えている。 「何かがあっても全員で円になり、後輩からも意見ができます」と谷本は話す。 そんな後輩たちをまとめ上げたのが主将・小林と、副主将・山本。小林は体調が上がらず5区で区間6位にとどまったが、「成美の姿を一番近くで見ていた」山本が3区で21分37秒の区間タイと奮起した。 「今年は底上げという目標でやってきました。4年生が意思統一し、チームの方向性を伝える。そうして、みんなが考えて行動するチーム作りができました」と小林は力強く語る。 山本は「後輩から意見があったり、後輩がミーティングをしてチームを良くしようと動いてくれました」と3年生以下の成長を付け加えた。 6区間中5区間で区間賞、前回と同じ1区から首位を譲らぬ完封リレーと、盤石の継走で史上初の偉業を成し遂げた。連覇が、来年以降もまだ続くのでは。そう思わせるほど、その強さは学生女子長距離界では突出している。 創部11年目で初優勝を飾った2005年当時を、米田監督は「学生を管理して押し付けてやってきた。学生たちが本当に強くなろうと思ってやっていたのだろうか」と反省の思いとともに振り返る。 そこから、「日本を代表する選手を育てる」ことを目指して学生たちの自立を促し、女性アスリートの身体のことも十分考慮した取り組みを続けてきた。栄養面やケアには、さまざまなサポートを受けている。米田監督はその道のりを「私ひとりじゃできなかった」と語る。 「チーム名城としていろいろな取り組みをやってきたことが6連覇につながりました」 本番の出場こそかなわなかったが、今夏のオレゴン世界選手権10000m代表に小林が名を連ねた。駅伝だけではなく、「世界」を目指す。 その取り組みの先に、さらなる黄金時代が続いていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top