HOME 駅伝

2022.10.30

拓大・不破聖衣来「不安」の中でつかんだ2年連続5区区間賞!「楽しむだけじゃダメ」/全日本大学女子駅伝
拓大・不破聖衣来「不安」の中でつかんだ2年連続5区区間賞!「楽しむだけじゃダメ」/全日本大学女子駅伝

◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km)

10月30日に行われた第40回全日本大学女子駅伝。6連覇に挑む名城大と並び、最も注目を集めたランナー・拓大の不破聖衣来(2年)がその底力を改めて示した。

広告の下にコンテンツが続きます

アキレス腱のケガ、貧血など、長いトンネルに入った2022年だったが、9月の日本インカレ10000mを制し、その後は徐々に調子を上げられるはずだった。

だが、なかなかコンディションが整わず、「60%ぐらい」と感じて臨んだ前日の1000mの刺激が、「30~40%ぐらいの感覚でした」。レース前は「不安でした」と吐露する。

それでも、他のメンバーが「不破のために」と奮闘を誓い、その言葉通り前回は9位でもらったタスキを、7位で渡してくれた。

「設定とか記録の目標はなく、楽しむことを目標に」不破は2年連続の最長5区に挑む。

広告の下にコンテンツが続きます

9.2kmを28分00秒という驚異的な区間新をマークした前回ほどの迫力は確かにない。それでも、29分39秒にまとめて、3つ順位を上げた。チームは目標の2年連続3位は逃したが、連続入賞となる5位に。不破自身は「取れるとは思っていませんでした」という2年連続の区間賞にも輝き、「つらいことも結構あったけど、沿道の応援のお陰でで楽しく走れました」と笑顔をのぞかせた。

前回大会の快走、さらに昨年12月に10000mで当時日本歴代2位(現3位)の30分45秒21をマークしたことから、大きな注目を集めるランナーになった。

だが、苦しい時間を過ごし、「楽しむだけじゃこれからはダメ」と口元を引き締める。

悩みが多かった分だけ、「自分の引き出しみたいなのは増えた感じはあります」。我慢の先に、光があると信じて、不破は前を見つめた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km) 10月30日に行われた第40回全日本大学女子駅伝。6連覇に挑む名城大と並び、最も注目を集めたランナー・拓大の不破聖衣来(2年)がその底力を改めて示した。 アキレス腱のケガ、貧血など、長いトンネルに入った2022年だったが、9月の日本インカレ10000mを制し、その後は徐々に調子を上げられるはずだった。 だが、なかなかコンディションが整わず、「60%ぐらい」と感じて臨んだ前日の1000mの刺激が、「30~40%ぐらいの感覚でした」。レース前は「不安でした」と吐露する。 それでも、他のメンバーが「不破のために」と奮闘を誓い、その言葉通り前回は9位でもらったタスキを、7位で渡してくれた。 「設定とか記録の目標はなく、楽しむことを目標に」不破は2年連続の最長5区に挑む。 9.2kmを28分00秒という驚異的な区間新をマークした前回ほどの迫力は確かにない。それでも、29分39秒にまとめて、3つ順位を上げた。チームは目標の2年連続3位は逃したが、連続入賞となる5位に。不破自身は「取れるとは思っていませんでした」という2年連続の区間賞にも輝き、「つらいことも結構あったけど、沿道の応援のお陰でで楽しく走れました」と笑顔をのぞかせた。 前回大会の快走、さらに昨年12月に10000mで当時日本歴代2位(現3位)の30分45秒21をマークしたことから、大きな注目を集めるランナーになった。 だが、苦しい時間を過ごし、「楽しむだけじゃこれからはダメ」と口元を引き締める。 悩みが多かった分だけ、「自分の引き出しみたいなのは増えた感じはあります」。我慢の先に、光があると信じて、不破は前を見つめた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.24

国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

第20回国公立27大学対校駅伝は2月24日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園で行われ、国公立大がタスキを男子対校(6区間38.54km)は信州大が1時間55分45秒で、女子対校(4区間16.24km)は群馬大が59分2 […]

NEWS ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

2024.02.24

ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

ユニクロは2月24日、SNSを更新し、女子中距離の康本花梨が退部、退職したと発表した。 兵庫県出身の康本は実業団5年目。高校時代(兵庫・須磨学園高)は2年時の2013年全国高校駅伝で3区を務め、チームは3位に入った。15 […]

NEWS 髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

2024.02.24

髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日 […]

NEWS 折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 U20男子8kmに出場する折田壮太(須磨学園高3兵庫)は「 […]

NEWS 田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 今大会は世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top