HOME 駅伝

2022.10.31

5区区間賞の不破聖衣来「状態は30~40%」12月に向け「しっかり練習積みたい」 一問一答/全日本大学女子駅伝
5区区間賞の不破聖衣来「状態は30~40%」12月に向け「しっかり練習積みたい」 一問一答/全日本大学女子駅伝

◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km)

第40回全日本大学女子駅伝が10月30日に行われ、前回3位の拓大は5位で2年連続のシード権獲得。5区に入った不破聖衣来は万全ではないなかでも29分39秒で2年連続の区間賞を獲得した。

不破のレース後の一問一答は以下の通り

――自身の走りを振り返って。

「今回の駅伝の目標は自分の区間は楽しく走るのが一番の目標。結構、つらいところもあったのですが、途中、沿道の応援のお陰でずっと楽しく走ることができました」

――レースを迎えるまでの心境は。

「本当に練習は全然思うように積めていなくて、直前の前日刺激でも自分の中では納得いく動きができなかった。当日も不安がありましたが、やっぱり楽しむことはいくら調子が悪くてもできること。今回は楽しんで走ろうと思ってスタートしました」

――前日練習でどこがしっくりこなかったか。

「動きはいいなという感じはありましたが、1000mをやったのですがそのタイムがいつもより遅くて3分15秒くらい。それが少し引っかかっていました」

――状態は何割くらい。

「一度は6割くらいまでいったかなと思えたのですが、スタートラインに立った時は30、40%くらいでした」

――なかなか調子が上がってこなかった要因は。

「本当にケガもしていなくて貧血の状態も改善していたので、一番は自分のメンタル面。自分でもよくわからないまま走れない期間が続いていた。去年からの(良い)走りがケガしてできなかったことで(去年と)比べてしまっている自分がいて、自分を苦しめていたのかもしれない」

――メンタル面でうまくいかない中で区間賞を取れたことで自信になるか。

「今回はまさか区間賞を取れたと思っていなくて、楽しんで走った結果としてついてきた区間賞。自信というよりは楽しむことが一番大事だと思います」

――これまで楽しむことを意識したレースはあったか。

「日本インカレもあまり調子が良くなかったですが、復帰レースだったので優勝は思って(意識して)いなくて、走ることを楽しんでと思っていた。最近はレースを楽しむことを意識しています」

――楽しむことと向き合いながらレースというのを大事だと実感している。

「結果、結果と思ってしまうと、去年のタイムや周囲の期待を考えてしまう。楽しむことを考えると今の自分だけに集中できる。楽しむことで今の力を出せると思えます」

――タイム設定はあったか。

「いえ本当に楽しむだけ、しか言われていなかったです」

――出たタイムと走っていて「これくらい」という実感と比べてどうか。

「まったくそういう実感はなくてまさか29分台だとは思わなかったです」

――後ろに追いつかれた時の心境は。

「ゆっくり入ったつもりはなくて普通に走っていたら追いつかれたので、楽しんで走っていても順位は下げられないと思ったので、チームのみんなが守ってきてくれた順位は落としたくないと思っていました」

――上り坂で前を抜き始めたがそこで、というイメージか。それとも他の選手の動きを見たのか。

「自分の調子が良くないのはわかっていたので、平地で頑張っても追いつけないと思った。他の選手がつらいところで自分が頑張ることで少しでも(差を)詰められたらと思ったので、上りはとにかく頑張ろうと思いました」

――去年は9位、今年は7位でタスキを受けた。

「1区からいい順位でつないできて、みんなに支えられていると感じました」

――沿道の応援や注目度など、去年との違いは感じたか。

「去年は何が何だからわからないまま走って終わった感じでしたが、今年は楽しむのがテーマでもあったので、一瞬、一瞬が鮮明でしたし、応援なども見る余裕があったので、『拓殖』や『不破』と書いてある物を見たときは元気が出ました」

――この舞台で楽しむことができて、記録や勝負のかかった大会に向けてターニングポイントになるか。

「調子が悪くて楽しむことにテーマを持っていたので、いつまでも楽しむということに逃げていてはいけないと思っています。しっかり合わせられるように調整しつつ、楽しむことはもちろんですが、タイムをしっかり狙いながら楽しめるように方向を変えていきたい」

――今後について。

「当初から12月の記録会で10000mの日本記録(30分20秒44)の更新を目標にしてきた。今のままだと達成できない目標になっているので、そこに向けてここからしっかり練習を積んでいきたい」

◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km) 第40回全日本大学女子駅伝が10月30日に行われ、前回3位の拓大は5位で2年連続のシード権獲得。5区に入った不破聖衣来は万全ではないなかでも29分39秒で2年連続の区間賞を獲得した。 不破のレース後の一問一答は以下の通り ――自身の走りを振り返って。 「今回の駅伝の目標は自分の区間は楽しく走るのが一番の目標。結構、つらいところもあったのですが、途中、沿道の応援のお陰でずっと楽しく走ることができました」 ――レースを迎えるまでの心境は。 「本当に練習は全然思うように積めていなくて、直前の前日刺激でも自分の中では納得いく動きができなかった。当日も不安がありましたが、やっぱり楽しむことはいくら調子が悪くてもできること。今回は楽しんで走ろうと思ってスタートしました」 ――前日練習でどこがしっくりこなかったか。 「動きはいいなという感じはありましたが、1000mをやったのですがそのタイムがいつもより遅くて3分15秒くらい。それが少し引っかかっていました」 ――状態は何割くらい。 「一度は6割くらいまでいったかなと思えたのですが、スタートラインに立った時は30、40%くらいでした」 ――なかなか調子が上がってこなかった要因は。 「本当にケガもしていなくて貧血の状態も改善していたので、一番は自分のメンタル面。自分でもよくわからないまま走れない期間が続いていた。去年からの(良い)走りがケガしてできなかったことで(去年と)比べてしまっている自分がいて、自分を苦しめていたのかもしれない」 ――メンタル面でうまくいかない中で区間賞を取れたことで自信になるか。 「今回はまさか区間賞を取れたと思っていなくて、楽しんで走った結果としてついてきた区間賞。自信というよりは楽しむことが一番大事だと思います」 ――これまで楽しむことを意識したレースはあったか。 「日本インカレもあまり調子が良くなかったですが、復帰レースだったので優勝は思って(意識して)いなくて、走ることを楽しんでと思っていた。最近はレースを楽しむことを意識しています」 ――楽しむことと向き合いながらレースというのを大事だと実感している。 「結果、結果と思ってしまうと、去年のタイムや周囲の期待を考えてしまう。楽しむことを考えると今の自分だけに集中できる。楽しむことで今の力を出せると思えます」 ――タイム設定はあったか。 「いえ本当に楽しむだけ、しか言われていなかったです」 ――出たタイムと走っていて「これくらい」という実感と比べてどうか。 「まったくそういう実感はなくてまさか29分台だとは思わなかったです」 ――後ろに追いつかれた時の心境は。 「ゆっくり入ったつもりはなくて普通に走っていたら追いつかれたので、楽しんで走っていても順位は下げられないと思ったので、チームのみんなが守ってきてくれた順位は落としたくないと思っていました」 ――上り坂で前を抜き始めたがそこで、というイメージか。それとも他の選手の動きを見たのか。 「自分の調子が良くないのはわかっていたので、平地で頑張っても追いつけないと思った。他の選手がつらいところで自分が頑張ることで少しでも(差を)詰められたらと思ったので、上りはとにかく頑張ろうと思いました」 ――去年は9位、今年は7位でタスキを受けた。 「1区からいい順位でつないできて、みんなに支えられていると感じました」 ――沿道の応援や注目度など、去年との違いは感じたか。 「去年は何が何だからわからないまま走って終わった感じでしたが、今年は楽しむのがテーマでもあったので、一瞬、一瞬が鮮明でしたし、応援なども見る余裕があったので、『拓殖』や『不破』と書いてある物を見たときは元気が出ました」 ――この舞台で楽しむことができて、記録や勝負のかかった大会に向けてターニングポイントになるか。 「調子が悪くて楽しむことにテーマを持っていたので、いつまでも楽しむということに逃げていてはいけないと思っています。しっかり合わせられるように調整しつつ、楽しむことはもちろんですが、タイムをしっかり狙いながら楽しめるように方向を変えていきたい」 ――今後について。 「当初から12月の記録会で10000mの日本記録(30分20秒44)の更新を目標にしてきた。今のままだと達成できない目標になっているので、そこに向けてここからしっかり練習を積んでいきたい」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top