HOME 高校

2022.10.31

八頭が1秒差の接戦制し悲願の都大路 女子は鳥取城北が4連覇/鳥取県高校駅伝
八頭が1秒差の接戦制し悲願の都大路 女子は鳥取城北が4連覇/鳥取県高校駅伝

鳥取県高校駅伝が10月30日、境港市の竜ヶ山陸上競技場を発着とする境港市酒井マリンマラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)は八頭が2時間10分11秒で初優勝。女子(5区間21.0975km)は、鳥取城北が1時間14分16秒で4年連続5回目の全国出場を決めた。

男子の八頭は鳥取城北との大接戦を制した。1、2区は前回Vの米子松蔭に先行され、2区終了時で1分32秒遅れの3位。しかし、3区の山田雅貴(3年)、4区の山本琉楓(3年)の連続区間賞でいったんは首位に躍り出た。だが、5区で2位の鳥取城北に2秒詰められて6秒差に迫られると、6区で追いつかれ、同タイムながらわずかに先行されて7区に中継。アンカー決戦は最後のトラック勝負までもつれ込んだが、八頭の山本光空(1年)が1秒差で鳥取城北を振り切り、悲願の都大路出場を決めた。

女子は鳥取城北が終始主導権を握った。1区の濱上小杏実(3年)が区間賞で首位発進。2区以降も区間トップの走りで5区の河本乙花(2年)が4連覇のテープを切った。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

鳥取県高校駅伝が10月30日、境港市の竜ヶ山陸上競技場を発着とする境港市酒井マリンマラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)は八頭が2時間10分11秒で初優勝。女子(5区間21.0975km)は、鳥取城北が1時間14分16秒で4年連続5回目の全国出場を決めた。 男子の八頭は鳥取城北との大接戦を制した。1、2区は前回Vの米子松蔭に先行され、2区終了時で1分32秒遅れの3位。しかし、3区の山田雅貴(3年)、4区の山本琉楓(3年)の連続区間賞でいったんは首位に躍り出た。だが、5区で2位の鳥取城北に2秒詰められて6秒差に迫られると、6区で追いつかれ、同タイムながらわずかに先行されて7区に中継。アンカー決戦は最後のトラック勝負までもつれ込んだが、八頭の山本光空(1年)が1秒差で鳥取城北を振り切り、悲願の都大路出場を決めた。 女子は鳥取城北が終始主導権を握った。1区の濱上小杏実(3年)が区間賞で首位発進。2区以降も区間トップの走りで5区の河本乙花(2年)が4連覇のテープを切った。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top