HOME 国内、大学

2022.10.10

山本有真が15分16秒71の日本人学生最高タイムで5000m制す 世界選手権代表の廣中破る殊勲/栃木国体
山本有真が15分16秒71の日本人学生最高タイムで5000m制す 世界選手権代表の廣中破る殊勲/栃木国体


◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)5日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会最終日に行われた成年5000mは山本有真(愛知・名城大)が15分16秒71の大会新、日本人学生最高の好タイムで頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

オレゴン世界選手権代表の廣中璃梨佳(長崎・日本郵政グループ)が出場するとあって注目を集めた成年女子5000mレース。しかし、成長著しい山本が残り300mで一気に抜け出し、殊勲の勝利を挙げた。

「あこがれの存在でもある廣中さんについていって勝負できればと思っていましたが、まさか本当にそうなるとは夢にも思っていませんでした。自分でもびっくりしています」とゴール後のインタビューでも驚きを隠せない様子。「最後も思っていた以上に余裕があって前に出ましたが、いつ抜かれるかと思って疑心暗鬼だったので、優勝できて本当にうれしいです」と笑顔で振り返る。

「駅伝に向けての最後のトラックで調子も上がってきていた」と話す山本。レースは序盤から廣中が引っ張り2000mを6分10秒、3000mを9分16秒で通過。その後もふたりのマッチレースが続き、4000mを12分24秒で通過した後に徐々にペースアップ。「余裕があった」と話すように、最後の1000mを2分52秒でカバーし実力を示した。

大学2年時にはケガなども重なり「陸上を辞めようと思った」という山本。その危機を乗り越え、「やるからには学生記録を狙い、上を目指して取り組んできた」ことが今回の快走につながった。
「駅伝を走るために名城大に進学した」と話すように、4年生として最後の全日本大学女子駅伝を月末に控える。「そこでしっかり結果を残し、今年度中には、学生記録(15分13秒09)を更新したい」と力を込める。

広告の下にコンテンツが続きます

15分23秒09で2位に敗れた廣中は、「自分のコンディションが悪いなか、どれだけ走れるかと思っていたので、2位でも悔いはありません。3年ぶりの国体の開催で、長崎代表として走れる喜びをかみしめながら挑みました。ここから駅伝シーズンに向け少しずつ体調を上げていきたい」とさばさばとした表情で話した。

文/花木 雫

■女子5000m学生歴代10傑
15.13.09 W.ワンガリ(立命館APU4) 2008. 4. 5
15.16.71 山本 有真(名城大4)    2022.10.10
15.17.53 木村 泰子(京産大2)    1995. 6.10
15.20.68 不破聖衣来(拓大1)     2021. 7.17
15.22.86 佐藤 由美(京産大3)    1997.10. 3
15.23.70 藤永 佳子(筑波大1)    2000. 5.13
15.24.99 竹中 理沙(立命大3)    2010.12. 5
15.25.14 和田 有菜(名城大3)    2020.12. 4
15.25.50 西原 加純(佛教大4)    2010.12. 5
15.26.72 吉本ひかり(佛教大3)    2010. 4.18

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)5日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会最終日に行われた成年5000mは山本有真(愛知・名城大)が15分16秒71の大会新、日本人学生最高の好タイムで頂点に立った。 オレゴン世界選手権代表の廣中璃梨佳(長崎・日本郵政グループ)が出場するとあって注目を集めた成年女子5000mレース。しかし、成長著しい山本が残り300mで一気に抜け出し、殊勲の勝利を挙げた。 「あこがれの存在でもある廣中さんについていって勝負できればと思っていましたが、まさか本当にそうなるとは夢にも思っていませんでした。自分でもびっくりしています」とゴール後のインタビューでも驚きを隠せない様子。「最後も思っていた以上に余裕があって前に出ましたが、いつ抜かれるかと思って疑心暗鬼だったので、優勝できて本当にうれしいです」と笑顔で振り返る。 「駅伝に向けての最後のトラックで調子も上がってきていた」と話す山本。レースは序盤から廣中が引っ張り2000mを6分10秒、3000mを9分16秒で通過。その後もふたりのマッチレースが続き、4000mを12分24秒で通過した後に徐々にペースアップ。「余裕があった」と話すように、最後の1000mを2分52秒でカバーし実力を示した。 大学2年時にはケガなども重なり「陸上を辞めようと思った」という山本。その危機を乗り越え、「やるからには学生記録を狙い、上を目指して取り組んできた」ことが今回の快走につながった。 「駅伝を走るために名城大に進学した」と話すように、4年生として最後の全日本大学女子駅伝を月末に控える。「そこでしっかり結果を残し、今年度中には、学生記録(15分13秒09)を更新したい」と力を込める。 15分23秒09で2位に敗れた廣中は、「自分のコンディションが悪いなか、どれだけ走れるかと思っていたので、2位でも悔いはありません。3年ぶりの国体の開催で、長崎代表として走れる喜びをかみしめながら挑みました。ここから駅伝シーズンに向け少しずつ体調を上げていきたい」とさばさばとした表情で話した。 文/花木 雫 ■女子5000m学生歴代10傑 15.13.09 W.ワンガリ(立命館APU4) 2008. 4. 5 15.16.71 山本 有真(名城大4)    2022.10.10 15.17.53 木村 泰子(京産大2)    1995. 6.10 15.20.68 不破聖衣来(拓大1)     2021. 7.17 15.22.86 佐藤 由美(京産大3)    1997.10. 3 15.23.70 藤永 佳子(筑波大1)    2000. 5.13 15.24.99 竹中 理沙(立命大3)    2010.12. 5 15.25.14 和田 有菜(名城大3)    2020.12. 4 15.25.50 西原 加純(佛教大4)    2010.12. 5 15.26.72 吉本ひかり(佛教大3)    2010. 4.18

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top