HOME 駅伝

2022.10.09

順大・三浦龍司は補欠登録、中大は吉居兄弟が1区・6区、東洋大は石田洸介を3区に配置/出雲駅伝
順大・三浦龍司は補欠登録、中大は吉居兄弟が1区・6区、東洋大は石田洸介を3区に配置/出雲駅伝

第34回出雲全日本大学選抜駅伝(10月10日/島根県出雲市)を翌日に控えた10月9日、出場チームのオーダーが発表された。

大会は20チームが参加して6区間45.1kmで実施。前回から大会当日でも最大2名まで補欠から選手を変更することができる。

注目どころでは、順大が3000m障害の日本記録保持者で東京五輪7位のエース・三浦龍司(3年)を当日交代できる補員登録。チームは学生駅伝3冠を掲げているため起用される可能性は高いが、長門俊介駅伝監督が勝負区間と見極めたところでの起用となるだろう。

10年ぶりの出場となる中大は5000mで13分25秒87を持つエースの吉居大和(3年)を1区、その弟で10000m28分11秒96を持つ吉居駿恭(1年)を6区に配置。2区に日本インカレ1500m2位の千守倫央(4年)、3区に10000m28分00秒86の中野翔太(3年)と盤石のオーダーとなった。

前回3位の東洋大は、前回5区区間賞の石田洸介(2年)を3区に登録。このほか3区には駒大の田澤廉(4年)、東京国際大のイェゴン・ヴィンセント(4年)、創価大のフィリップ・ムルワ(4年)、國學院大の平林清澄(2年)と各校のエース級が並んだ。

9月の日本インカレ10000mで日本人トップの4位を占めた亀田仁一路(関大)は1区に入り、2004年の田子康宏(立命大)以来となる関西勢の区間賞獲得を目指す。

第34回出雲全日本大学選抜駅伝(10月10日/島根県出雲市)を翌日に控えた10月9日、出場チームのオーダーが発表された。 大会は20チームが参加して6区間45.1kmで実施。前回から大会当日でも最大2名まで補欠から選手を変更することができる。 注目どころでは、順大が3000m障害の日本記録保持者で東京五輪7位のエース・三浦龍司(3年)を当日交代できる補員登録。チームは学生駅伝3冠を掲げているため起用される可能性は高いが、長門俊介駅伝監督が勝負区間と見極めたところでの起用となるだろう。 10年ぶりの出場となる中大は5000mで13分25秒87を持つエースの吉居大和(3年)を1区、その弟で10000m28分11秒96を持つ吉居駿恭(1年)を6区に配置。2区に日本インカレ1500m2位の千守倫央(4年)、3区に10000m28分00秒86の中野翔太(3年)と盤石のオーダーとなった。 前回3位の東洋大は、前回5区区間賞の石田洸介(2年)を3区に登録。このほか3区には駒大の田澤廉(4年)、東京国際大のイェゴン・ヴィンセント(4年)、創価大のフィリップ・ムルワ(4年)、國學院大の平林清澄(2年)と各校のエース級が並んだ。 9月の日本インカレ10000mで日本人トップの4位を占めた亀田仁一路(関大)は1区に入り、2004年の田子康宏(立命大)以来となる関西勢の区間賞獲得を目指す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top