HOME 国内

2022.09.25

400mH安部孝駿が引退レース「陸上競技と一生懸命に向き合ってた」/全日本実業団
400mH安部孝駿が引退レース「陸上競技と一生懸命に向き合ってた」/全日本実業団

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)3日目

広告の下にコンテンツが続きます

全日本実業団対抗選手権3日目に行われた男子400mハードルに安部孝駿(ヤマダホールディングス)が出場した。

今大会で現役引退を表明した安部。予選を51秒98の5着で決勝進出はならず、これがラストレースとなった。

今季は春に米国で1本走ったのみで半年ぶりのレース。「練習はできていました。本当は決勝と2本走れればと主今しましたが、家族やお世話になった人たちも見に来てくれたので良かったです」。その表情は晴れ晴れとしていた。

岡山・玉野光南高時代から全国クラスで活躍。110m・400mハードルの両種目で才能を発揮し、3年時にはインターハイで400mハードル優勝、110mハードル2位に入った。中京大1年目にの世界ジュニア選手権で2位。世界選手権には11年、17年、19年と3度出場したレジェンドハードラーだった。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、オリンピックになかなか届かず、12年ロンドン、16年リオと出場が叶わず、東京五輪も1年延期。その間、左アキレス腱痛に悩まされながらも「オリンピックに出たいという思いで無理をして」東京五輪代表になった。それを決めた日本選手権は思い出の残るレースの一つだという。

もう一つが17年。大学1年目だった2010年にマークした49秒46が長く更新できず「苦しんだしコンプレックスもあった」という。それをゴールデングランプリで7年ぶりに更新する49秒20。その後は48秒台に突入した。自己記録は日本歴代10位タイの48秒68。

「世界とどう戦うか。どうやって世界のファイナルに行くか。それがモチベーションでした」。ただ、大目標だった東京五輪を終えてからアキレス腱痛もあって「モチベーションを保つのが難しかった」。引退は今年春に決断。「目標を下げてまで続けられなかった」。安部なりの美学だった。

若手選手も多数育っているが「えらそうなことは言えませんが、世界と戦うには技術だけではなく200mや400mのスピードが必要だと思います。僕の果たせなかったファイナルを実現してほしい」とメッセージを送る。そして、『プラチナ世代』と呼ばれる世界ジュニア選手権から活躍を続ける同世代の選手たちには「種目は違いますがいつも刺激を受けてきましたし頑張れました。納得したと思えるところまでやってほしい」と思いを託した。

広告の下にコンテンツが続きます

今後はヤマダホールディングスに残り、文化育成推進部に所属して「スポーツを通した社会貢献など取り組みを考えていきたい」と言う。小学校時代に陸上と出合い、「自分自身追い込んで、背負ってきた。陸上競技と一生懸命に向き合ってきました。悔いはありません」。

ケガやスランプなど、数々の障害を乗り越えて成長してきた稀代のハードラーはスパイクを脱いだが、次のハードルを跳ぶために新たなステージに向かって走り出した。

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)3日目 全日本実業団対抗選手権3日目に行われた男子400mハードルに安部孝駿(ヤマダホールディングス)が出場した。 今大会で現役引退を表明した安部。予選を51秒98の5着で決勝進出はならず、これがラストレースとなった。 今季は春に米国で1本走ったのみで半年ぶりのレース。「練習はできていました。本当は決勝と2本走れればと主今しましたが、家族やお世話になった人たちも見に来てくれたので良かったです」。その表情は晴れ晴れとしていた。 岡山・玉野光南高時代から全国クラスで活躍。110m・400mハードルの両種目で才能を発揮し、3年時にはインターハイで400mハードル優勝、110mハードル2位に入った。中京大1年目にの世界ジュニア選手権で2位。世界選手権には11年、17年、19年と3度出場したレジェンドハードラーだった。 ただ、オリンピックになかなか届かず、12年ロンドン、16年リオと出場が叶わず、東京五輪も1年延期。その間、左アキレス腱痛に悩まされながらも「オリンピックに出たいという思いで無理をして」東京五輪代表になった。それを決めた日本選手権は思い出の残るレースの一つだという。 もう一つが17年。大学1年目だった2010年にマークした49秒46が長く更新できず「苦しんだしコンプレックスもあった」という。それをゴールデングランプリで7年ぶりに更新する49秒20。その後は48秒台に突入した。自己記録は日本歴代10位タイの48秒68。 「世界とどう戦うか。どうやって世界のファイナルに行くか。それがモチベーションでした」。ただ、大目標だった東京五輪を終えてからアキレス腱痛もあって「モチベーションを保つのが難しかった」。引退は今年春に決断。「目標を下げてまで続けられなかった」。安部なりの美学だった。 若手選手も多数育っているが「えらそうなことは言えませんが、世界と戦うには技術だけではなく200mや400mのスピードが必要だと思います。僕の果たせなかったファイナルを実現してほしい」とメッセージを送る。そして、『プラチナ世代』と呼ばれる世界ジュニア選手権から活躍を続ける同世代の選手たちには「種目は違いますがいつも刺激を受けてきましたし頑張れました。納得したと思えるところまでやってほしい」と思いを託した。 今後はヤマダホールディングスに残り、文化育成推進部に所属して「スポーツを通した社会貢献など取り組みを考えていきたい」と言う。小学校時代に陸上と出合い、「自分自身追い込んで、背負ってきた。陸上競技と一生懸命に向き合ってきました。悔いはありません」。 ケガやスランプなど、数々の障害を乗り越えて成長してきた稀代のハードラーはスパイクを脱いだが、次のハードルを跳ぶために新たなステージに向かって走り出した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top