HOME 国内

2022.09.19

400mH安部孝駿が全日本実業団を最後に現役引退 東京五輪代表、世界選手権4回出場
400mH安部孝駿が全日本実業団を最後に現役引退 東京五輪代表、世界選手権4回出場


男子400mハードルの安部孝駿(ヤマダホールディングス)が全日本実業団対抗選手権(9月23日~25日/岐阜)を最後に現役を引退することを明らかにした。所属先が9月19日、発表した。

11月で31歳を迎える安部は岡山県出身。玉野光南高時代は2年時の2008年日本ユース選手権110mハードル(ジュニアハードル/U20規格)を、13秒80のユース日本最高(当時)で優勝した。3年時の09年奈良インターハイでは400mハードルを制覇。さらに110mハードルで2位に入り、4×400mリレーでもアンカーを務めて2位に貢献し、チームを初の総合Vに導いた。

中京大に進学すると、10年世界ジュニア選手権(現・U20世界選手権)400mハードルでは銀メダルを獲得。身長190㎝超の大型ハードラーとしてジュニア期から注目を集めた。

その後は日本トップクラスの選手としてこの種目を牽引。昨年の東京五輪に出場したほか、世界選手権には11年テグを皮切りに、13年モスクワ、17年ロンドン、19年ドーハと4大会を数え、ドーハでは準決勝に進んでいる。

特に20代半ばから躍進し、17年に初めて48秒台(48秒94)を出すと、18年には48秒68(日本歴代10位タイ)をマーク。日本選手権は17年と19年に優勝した。

東京五輪後はレースに出ておらず、今季も主要大会には参戦していなかった。

安部は所属先のTwitterを通じて「9月25日に行われる全日本実業団陸上選手権を最後に現役を引退することを決めました。最後のレースなので思い切り楽しんで自分のレースができるようにがんばりたいと思います。応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。

●安部孝駿の年次ベスト(400mハードル)
08年(高2) 51秒22
09年(高3) 50秒11(当時高校歴代4位、現5位)
10年(大1) 49秒46(当時U20日本歴代3位、現4位)
11年(大2) 49秒64
12年(大3) 49秒47
13年(大4) 49秒57
14年(社1) 49秒69
15年(社2) 50秒88
16年(社3) 50秒42
17年(社4) 48秒94
18年(社5) 48秒68(日本歴代10位タイ)
19年(社6) 48秒80
20年(社7) 49秒31
21年(社8) 48秒80
 
その他の自己ベスト
110mH 14秒18(106.7cm/2008年)

男子400mハードルの安部孝駿(ヤマダホールディングス)が全日本実業団対抗選手権(9月23日~25日/岐阜)を最後に現役を引退することを明らかにした。所属先が9月19日、発表した。 11月で31歳を迎える安部は岡山県出身。玉野光南高時代は2年時の2008年日本ユース選手権110mハードル(ジュニアハードル/U20規格)を、13秒80のユース日本最高(当時)で優勝した。3年時の09年奈良インターハイでは400mハードルを制覇。さらに110mハードルで2位に入り、4×400mリレーでもアンカーを務めて2位に貢献し、チームを初の総合Vに導いた。 中京大に進学すると、10年世界ジュニア選手権(現・U20世界選手権)400mハードルでは銀メダルを獲得。身長190㎝超の大型ハードラーとしてジュニア期から注目を集めた。 その後は日本トップクラスの選手としてこの種目を牽引。昨年の東京五輪に出場したほか、世界選手権には11年テグを皮切りに、13年モスクワ、17年ロンドン、19年ドーハと4大会を数え、ドーハでは準決勝に進んでいる。 特に20代半ばから躍進し、17年に初めて48秒台(48秒94)を出すと、18年には48秒68(日本歴代10位タイ)をマーク。日本選手権は17年と19年に優勝した。 東京五輪後はレースに出ておらず、今季も主要大会には参戦していなかった。 安部は所属先のTwitterを通じて「9月25日に行われる全日本実業団陸上選手権を最後に現役を引退することを決めました。最後のレースなので思い切り楽しんで自分のレースができるようにがんばりたいと思います。応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。 ●安部孝駿の年次ベスト(400mハードル) 08年(高2) 51秒22 09年(高3) 50秒11(当時高校歴代4位、現5位) 10年(大1) 49秒46(当時U20日本歴代3位、現4位) 11年(大2) 49秒64 12年(大3) 49秒47 13年(大4) 49秒57 14年(社1) 49秒69 15年(社2) 50秒88 16年(社3) 50秒42 17年(社4) 48秒94 18年(社5) 48秒68(日本歴代10位タイ) 19年(社6) 48秒80 20年(社7) 49秒31 21年(社8) 48秒80   その他の自己ベスト 110mH 14秒18(106.7cm/2008年)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top