HOME 国内、大学

2022.09.11

女子やり投・木村玲奈が学生歴代6位の59m49!「来年60mを狙いたい」/日本IC
女子やり投・木村玲奈が学生歴代6位の59m49!「来年60mを狙いたい」/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、女子やり投は木村玲奈(新潟医療福祉大)が優勝。学生歴代6位の59m49をマークした。

1、2回目は51m台にとどまった木村。「助走がうまくいかなくて、クロスステップで右足を前に持ってこられなかった」という。その部分を修正した3回目にビッグアーチが飛び出して初優勝を飾った。

「59mが出て、優勝できてめっちゃうれしいです」と笑顔を見せる木村。159cmと小柄ながら、野球でならした肩を武器に滋賀・近江高の2年時から頭角を現していたが、右肘を何度も痛め、3年時にインターハイを勝ったものの、高校で陸上は辞めるつもりでいた。

理学療法士になる夢をかなえるために進んだのが新潟医療福祉大。そこで勉強しながら競技を続けることに。「先生方の指導もあって肘を痛めなくなりました」と、理学療法士を目指す上での勉強を競技に生かした。特に「胸郭の可動域を広げたり、右肘を高く保つようになった」のが要因だという。

今季は6月の日本選手権で58m23の5位。高2(53m84)以来の自己ベスト更新と好調で「助走が速くなりました」と手応えをつかんでいた。

今では「まずアベレージを上げて、来年に60mを狙いたい。ワールドランキングでブダペスト世界選手権も」と視野に入れる木村。北口榛花(JAL)を筆頭に活況の女子やり投の争いに、復活したインターハイ女王が虎視眈々と加わるつもりだ。

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、女子やり投は木村玲奈(新潟医療福祉大)が優勝。学生歴代6位の59m49をマークした。 1、2回目は51m台にとどまった木村。「助走がうまくいかなくて、クロスステップで右足を前に持ってこられなかった」という。その部分を修正した3回目にビッグアーチが飛び出して初優勝を飾った。 「59mが出て、優勝できてめっちゃうれしいです」と笑顔を見せる木村。159cmと小柄ながら、野球でならした肩を武器に滋賀・近江高の2年時から頭角を現していたが、右肘を何度も痛め、3年時にインターハイを勝ったものの、高校で陸上は辞めるつもりでいた。 理学療法士になる夢をかなえるために進んだのが新潟医療福祉大。そこで勉強しながら競技を続けることに。「先生方の指導もあって肘を痛めなくなりました」と、理学療法士を目指す上での勉強を競技に生かした。特に「胸郭の可動域を広げたり、右肘を高く保つようになった」のが要因だという。 今季は6月の日本選手権で58m23の5位。高2(53m84)以来の自己ベスト更新と好調で「助走が速くなりました」と手応えをつかんでいた。 今では「まずアベレージを上げて、来年に60mを狙いたい。ワールドランキングでブダペスト世界選手権も」と視野に入れる木村。北口榛花(JAL)を筆頭に活況の女子やり投の争いに、復活したインターハイ女王が虎視眈々と加わるつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top