HOME 国内、大学

2022.09.11

住所大翔が世界陸上入賞の貫禄V!1万m競歩順大メダル独占/日本IC
住所大翔が世界陸上入賞の貫禄V!1万m競歩順大メダル独占/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目

広告の下にコンテンツが続きます

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、男子10000m競歩は順大勢がメダルを独占した。

気温32℃、強い日差しが照りつける中でスタートした男子10000m競歩。強さを見せたのは住所大翔(順大院)だった「思ったよりも速いペースだった」と1000m4分を切って2000mまで通過する。「行けるところまでいけば離れるだろう」と踏んでいたが、後続は早々について行けず。2000m以降はほぼ一人旅となった。

7000m付近でロス・オブ・コンタクトの注意を受けた住所はややペースを落として歩型を修正。最後までしっかり歩き、39分53秒61で初優勝を果たした。順大勢では鈴木雄介(現・富士通)以来、13年ぶり。

2位に萬壽春輝、3位に立岩和大が続き、メダルを独占し、「最高目標が達成できました」と住所。総合優勝もグッとたぐり寄せた。「これで(5000mにエントリーしている)三浦龍司を休ませられます」と住所は笑い、立岩は「三浦、村竹ラシッドだけじゃないんだぞ、というところを見せられました」と胸を張った。

広告の下にコンテンツが続きます

オレゴン世界選手権20km競歩で8位入賞を果たした住所。「負けてはいけないというプレッシャーもありました」と言うが、「堂々と歩けるように練習してきました」。3週間前に食あたりで練習を1週間ストップしたが、その後は順調にトレーニングを積んだ。

世界を経験し、「まだまだ力をつけないといけない。世界での経験も大事ですし、レベルも高い国内の合宿もあります。後半にフォームが崩れるところが課題」と住所。

大先輩でコーチでもある森岡紘一郎氏や鈴木、そしてオレゴンで金・銀メダルの山西利和(京大、現・愛知製鋼)と池田向希(東洋大、現・旭化成)も勝ってきたインカレを初優勝したことをステップに、来年のブダペスト世界選手権に向かって突き進む。

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、男子10000m競歩は順大勢がメダルを独占した。 気温32℃、強い日差しが照りつける中でスタートした男子10000m競歩。強さを見せたのは住所大翔(順大院)だった「思ったよりも速いペースだった」と1000m4分を切って2000mまで通過する。「行けるところまでいけば離れるだろう」と踏んでいたが、後続は早々について行けず。2000m以降はほぼ一人旅となった。 7000m付近でロス・オブ・コンタクトの注意を受けた住所はややペースを落として歩型を修正。最後までしっかり歩き、39分53秒61で初優勝を果たした。順大勢では鈴木雄介(現・富士通)以来、13年ぶり。 2位に萬壽春輝、3位に立岩和大が続き、メダルを独占し、「最高目標が達成できました」と住所。総合優勝もグッとたぐり寄せた。「これで(5000mにエントリーしている)三浦龍司を休ませられます」と住所は笑い、立岩は「三浦、村竹ラシッドだけじゃないんだぞ、というところを見せられました」と胸を張った。 オレゴン世界選手権20km競歩で8位入賞を果たした住所。「負けてはいけないというプレッシャーもありました」と言うが、「堂々と歩けるように練習してきました」。3週間前に食あたりで練習を1週間ストップしたが、その後は順調にトレーニングを積んだ。 世界を経験し、「まだまだ力をつけないといけない。世界での経験も大事ですし、レベルも高い国内の合宿もあります。後半にフォームが崩れるところが課題」と住所。 大先輩でコーチでもある森岡紘一郎氏や鈴木、そしてオレゴンで金・銀メダルの山西利和(京大、現・愛知製鋼)と池田向希(東洋大、現・旭化成)も勝ってきたインカレを初優勝したことをステップに、来年のブダペスト世界選手権に向かって突き進む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top