HOME 国内、大学

2022.09.11

青学大のエース!近藤幸太郎が5000m連覇「すべて勝つつもり」/日本IC
青学大のエース!近藤幸太郎が5000m連覇「すべて勝つつもり」/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、男子5000mで近藤幸太郎(青学大)が13分50秒37で連覇を達成した。

学生最後のトラックシーズンは故障に苦しんだ。箱根駅伝後、左踵を疲労骨折。3月に練習を再開するも、5月に左アキレス腱を負傷して再度、戦線から離脱する。

7月からようやく練習に復帰。3度目の合宿で少しずつスピード練習を取り入れられるようになってきた。しかし「スピードがまだ戻ってきていなかった」と自身の仕上がりに不安もあったという。

今大会は、前回優勝制した時の走りができるかもターゲットの一つにして挑んだ。

「暑くなったら有利だと思っていた」という近藤を天が味方したか、競技場は朝から強い日差しが照りつけ気温も32度を超えていた。

スタートと同時に先頭に飛び出した外国人ランナーにつき、レースを進める。「2000m過ぎにはタイムも身体も余裕があったので、今日は勝ったなと思いました」と笑顔を見せた。

優勝を確信したのは4000m過ぎのこと。ラストスパートをかけたが、外国人選手も反応することができなかった。

13分50秒37のタイムでフィニッシュ。思うように練習ができなかった最終シーズンだったからこそ、2連覇を飾ることができて「一安心しました」と結果を出せたことに安堵した。

高校時代は2度5000mでインターハイに出場しているが、いずれも予選落ち。全国で戦える選手ではなかったが、3年間で土台を作ることができたという。

大学に入ってからの飛躍は「青学で強い仲間と過ごして、勝ち方を覚えたこと」と近藤。間もなく始まる駅伝シーズン。自身を高めてくれた仲間とともに「すべて勝つつもりです。特に箱根駅伝は新記録で優勝したい」と力強く目標を口にする。

文/野田しほり

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、男子5000mで近藤幸太郎(青学大)が13分50秒37で連覇を達成した。 学生最後のトラックシーズンは故障に苦しんだ。箱根駅伝後、左踵を疲労骨折。3月に練習を再開するも、5月に左アキレス腱を負傷して再度、戦線から離脱する。 7月からようやく練習に復帰。3度目の合宿で少しずつスピード練習を取り入れられるようになってきた。しかし「スピードがまだ戻ってきていなかった」と自身の仕上がりに不安もあったという。 今大会は、前回優勝制した時の走りができるかもターゲットの一つにして挑んだ。 「暑くなったら有利だと思っていた」という近藤を天が味方したか、競技場は朝から強い日差しが照りつけ気温も32度を超えていた。 スタートと同時に先頭に飛び出した外国人ランナーにつき、レースを進める。「2000m過ぎにはタイムも身体も余裕があったので、今日は勝ったなと思いました」と笑顔を見せた。 優勝を確信したのは4000m過ぎのこと。ラストスパートをかけたが、外国人選手も反応することができなかった。 13分50秒37のタイムでフィニッシュ。思うように練習ができなかった最終シーズンだったからこそ、2連覇を飾ることができて「一安心しました」と結果を出せたことに安堵した。 高校時代は2度5000mでインターハイに出場しているが、いずれも予選落ち。全国で戦える選手ではなかったが、3年間で土台を作ることができたという。 大学に入ってからの飛躍は「青学で強い仲間と過ごして、勝ち方を覚えたこと」と近藤。間もなく始まる駅伝シーズン。自身を高めてくれた仲間とともに「すべて勝つつもりです。特に箱根駅伝は新記録で優勝したい」と力強く目標を口にする。 文/野田しほり

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top