HOME 国内、大学

2022.09.10

砲丸投・奥村仁志が18年ぶり大会新!18m06で中3以来の日本一/日本IC
砲丸投・奥村仁志が18年ぶり大会新!18m06で中3以来の日本一/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、男子砲丸投は奥村仁志(国士大)が18m06の大会新記録で初優勝を飾った。

「正直うれしいです」。奥村は照れくさそうに笑う。中3の国体以来の全国タイトルにホッと胸をなで下ろした。

この日はファウルからスタート。「ファーストターンで突っ込んでしまいました」。だが、2回目に優勝記録となる18m06をプット。元日本記録保持者の畑瀬聡(日大)が2004年に作った18m03の大会記録を18年ぶりに塗り替えた。

「(砲丸を)自分から押しに行かずにリラックスして、指の弾きに集中する」を意識していたという。ただ、ファーストターンが安定せず、岡田雅次監督からは「下から!」と声が飛んだ。3、5回目もファイルを出したものの、4回目にも18m05と、2度18m超えを見せた。それでも自己ベスト(18m26)に届かず記録面では悔しさもにじませる。

相撲でも活躍していた中学時代に中学記録を出し、敦賀高では基礎体力と投てきの基礎を徹底して磨いた奥村。最初は自信がなかなか持てなかったが、国士大では「ほぼ日本選手権みたいな環境で練習している」ことで「堂々と試合ができるようになりました」と自信を身につけていた。

これまで関東インカレでは砲丸投と円盤投の2冠を2年連続で達成するなどしてきたが、今回は「メイン種目」とこだわりの強い砲丸投に専念。最後のインカレで久しぶりの日本一に、「長かったですが、その分これからに生きてくると思います」と、しっかりと先を見据えている。

学生記録(18m64)など大きな目標はあるが、奥村はいつも「自己ベストをしっかり出す」と言う。「まずは自分を超えることが大事」。世界から遠いこの種目で、日本初の19m、そして世界大会へ。自分を一歩ずつ超えることが近道だと信じて突き進む。

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、男子砲丸投は奥村仁志(国士大)が18m06の大会新記録で初優勝を飾った。 「正直うれしいです」。奥村は照れくさそうに笑う。中3の国体以来の全国タイトルにホッと胸をなで下ろした。 この日はファウルからスタート。「ファーストターンで突っ込んでしまいました」。だが、2回目に優勝記録となる18m06をプット。元日本記録保持者の畑瀬聡(日大)が2004年に作った18m03の大会記録を18年ぶりに塗り替えた。 「(砲丸を)自分から押しに行かずにリラックスして、指の弾きに集中する」を意識していたという。ただ、ファーストターンが安定せず、岡田雅次監督からは「下から!」と声が飛んだ。3、5回目もファイルを出したものの、4回目にも18m05と、2度18m超えを見せた。それでも自己ベスト(18m26)に届かず記録面では悔しさもにじませる。 相撲でも活躍していた中学時代に中学記録を出し、敦賀高では基礎体力と投てきの基礎を徹底して磨いた奥村。最初は自信がなかなか持てなかったが、国士大では「ほぼ日本選手権みたいな環境で練習している」ことで「堂々と試合ができるようになりました」と自信を身につけていた。 これまで関東インカレでは砲丸投と円盤投の2冠を2年連続で達成するなどしてきたが、今回は「メイン種目」とこだわりの強い砲丸投に専念。最後のインカレで久しぶりの日本一に、「長かったですが、その分これからに生きてくると思います」と、しっかりと先を見据えている。 学生記録(18m64)など大きな目標はあるが、奥村はいつも「自己ベストをしっかり出す」と言う。「まずは自分を超えることが大事」。世界から遠いこの種目で、日本初の19m、そして世界大会へ。自分を一歩ずつ超えることが近道だと信じて突き進む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top