HOME 国内、大学

2022.09.10

1万m日本人トップは2年連続関西勢 関大・亀田仁一路が4位「関西で結果を出す道を見せたい」/日本IC
1万m日本人トップは2年連続関西勢 関大・亀田仁一路が4位「関西で結果を出す道を見せたい」/日本IC


◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)1日目

男子10000mはフィリップ・ムルワ(創価大)が28分36秒70で優勝し、関大3年生の亀田仁一路が28分49秒45で日本人トップの4位。この種目では昨年の上田颯汰(関学大)に続いて、2年連続で関西勢が日本人最上位という結果になった。

「昨年は上田さんが3年生で日本人トップだったので、僕も意識して走りました」と亀田。6000m手前で箱根駅伝9区区間記録保持者の中村唯翔(青学大)に先行されながらも、伊豫田達弥(順大)と競り合いながら、中村の射程圏内でレースを進める。

亀田が動いたのは8000m付近。「ラスト5周からならば、自分のレースに持ち込める」と伊豫田を振り切ると、8500m付近で中村に追いついた。その後はラストのスパート勝負に備える。「ラスト150mであれば、絶対に勝てるという思いを持っていました」と一気にスパート。最後の直線で中村を突き放し、ガッツポーズでフィニッシュラインを駆け抜けた。

兵庫・姫路商高時代の5000mの自己ベストは14分25秒76。関東の大学からの誘いもあったそうだが、「目標は5000mで12分台を出すこと。関西で結果を出して、こういう道もあるんだというところを見せたい」と、大きな目標を掲げて関大に入学した。

多くの高校長距離選手が目指す箱根駅伝ではない、別の道を選択。その中でも着実に力をつけ、昨年は5000mで13分台、10000mで28分台に突入した。さらに、全日本大学駅伝では日本学連選抜の1区を務め、区間賞の12秒遅れの6位で中継している。

「日本インカレで(日本人)1位を取ることは通過点。来年は学生に留まらず、本当の日本人のトップを目指したい」と見据える目標は高い。日本インカレの後は、チームとして20年ぶりの出場となる出雲駅伝(10月10日)に向けて調整していくという。

28分51秒55で5位の中村は、「レース前の目標は8位入賞でした。完全に合わせていない中でのレースだったので、合格点だと思います」と手応えを感じている様子。青学大は副主将の横田俊吾も29分02秒22で7位入賞を果たしており、駅伝シーズンに向けて順調に歩んでいるようだ。

文/馬場 遼

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)1日目 男子10000mはフィリップ・ムルワ(創価大)が28分36秒70で優勝し、関大3年生の亀田仁一路が28分49秒45で日本人トップの4位。この種目では昨年の上田颯汰(関学大)に続いて、2年連続で関西勢が日本人最上位という結果になった。 「昨年は上田さんが3年生で日本人トップだったので、僕も意識して走りました」と亀田。6000m手前で箱根駅伝9区区間記録保持者の中村唯翔(青学大)に先行されながらも、伊豫田達弥(順大)と競り合いながら、中村の射程圏内でレースを進める。 亀田が動いたのは8000m付近。「ラスト5周からならば、自分のレースに持ち込める」と伊豫田を振り切ると、8500m付近で中村に追いついた。その後はラストのスパート勝負に備える。「ラスト150mであれば、絶対に勝てるという思いを持っていました」と一気にスパート。最後の直線で中村を突き放し、ガッツポーズでフィニッシュラインを駆け抜けた。 兵庫・姫路商高時代の5000mの自己ベストは14分25秒76。関東の大学からの誘いもあったそうだが、「目標は5000mで12分台を出すこと。関西で結果を出して、こういう道もあるんだというところを見せたい」と、大きな目標を掲げて関大に入学した。 多くの高校長距離選手が目指す箱根駅伝ではない、別の道を選択。その中でも着実に力をつけ、昨年は5000mで13分台、10000mで28分台に突入した。さらに、全日本大学駅伝では日本学連選抜の1区を務め、区間賞の12秒遅れの6位で中継している。 「日本インカレで(日本人)1位を取ることは通過点。来年は学生に留まらず、本当の日本人のトップを目指したい」と見据える目標は高い。日本インカレの後は、チームとして20年ぶりの出場となる出雲駅伝(10月10日)に向けて調整していくという。 28分51秒55で5位の中村は、「レース前の目標は8位入賞でした。完全に合わせていない中でのレースだったので、合格点だと思います」と手応えを感じている様子。青学大は副主将の横田俊吾も29分02秒22で7位入賞を果たしており、駅伝シーズンに向けて順調に歩んでいるようだ。 文/馬場 遼

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

ダイヤモンドリーグ・ユージン5000mに田中希実!今季DL2戦目、参加標準突破でパリ五輪内定

最高峰シリーズのダイヤモンドリーグ(DL)のユージン大会(米国、5月25日)の一部種目のエントリー選手が更新された。 女子5000mに日本記録(14分29秒18)保持者の田中希実(New Balance)が登録された。ユ […]

NEWS 多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top