HOME 国内、大学

2022.09.10

再出発のレースを制した不破聖衣来「世界陸上代表に入れるよう練習積みたい」/日本IC
再出発のレースを制した不破聖衣来「世界陸上代表に入れるよう練習積みたい」/日本IC


◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)1日目

女子10000mは、7300m過ぎに集団から抜け出した不破聖衣来(拓大)が、そのまま逃げ切って、32分55秒31で頂点に立った。

昨年12月、自身初の10000mのレースでいきなり日本歴代2位となる30分45秒21の好タイムを叩き出した不破。オレゴン世界選手権の参加標準記録(31分25秒00)をも突破し、今シーズンの活躍が期待された。

だが、1月の全国都道府県対抗女子駅伝の後、右アキレス腱の周囲に炎症を起こし、5月の日本選手権10000mを欠場。オレゴンへの道が閉ざされた。

今大会は4月中旬の日本学生個人選手権以来、約5ヵ月ぶりのレース。だが、決して順調ではなかった。故障は治って、練習を再開していたものの、8月に貧血の症状が出て、今大会に向けて一度もスピード練習を積めなかったという。

そのため、スピードが速くなる5000mではなく、よりゆったりとしたペースが刻める10000mを復帰初戦に選んだ。「直前まで棄権(欠場)も考えましたが、無理せずに最後まで走り切ることを目標にレースに挑みました」。

コンディション的には「4割程度だった」が、序盤から先頭に立って、集団を牽引。中盤では6~7人いる先頭集団の後方に下がり、その集団からこぼれ落ちそうな場面もあった。しかし、残り6周。「これまで支えてくださった人たちの顔が脳裏に浮かび、脚が自然と前に出ました」と、そこで前に出る予定はなかったものの、トップに立つ。それまでの1周80秒前後のラップを77秒あたりまで引き上げた。

「実はあの場面が一番きつかったです」と振り返るが、後続を徐々に引き離してトップでフィニッシュ。これで1年生優勝した前回の5000mに続き、2年連続でタイトルを手にし、「優勝して恩返しがしたかったのでうれしいです」。その目には光るものがあった。

「スタート前はちょっと不安もありましたが、それでも最初から最後まで楽しんで走ることができました」と不破。この後は、「来年の世界選手権の代表に入れるようしっかり練習を積んでいきたい」と抱負を語った。来夏、ブダペスト行きの切符をつかむため、これからの駅伝シーズンや、トラックレースで弾みとなる走りが見られるか――。19歳の再挑戦に再び注目が集まる。

文/花木 雫

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)1日目 女子10000mは、7300m過ぎに集団から抜け出した不破聖衣来(拓大)が、そのまま逃げ切って、32分55秒31で頂点に立った。 昨年12月、自身初の10000mのレースでいきなり日本歴代2位となる30分45秒21の好タイムを叩き出した不破。オレゴン世界選手権の参加標準記録(31分25秒00)をも突破し、今シーズンの活躍が期待された。 だが、1月の全国都道府県対抗女子駅伝の後、右アキレス腱の周囲に炎症を起こし、5月の日本選手権10000mを欠場。オレゴンへの道が閉ざされた。 今大会は4月中旬の日本学生個人選手権以来、約5ヵ月ぶりのレース。だが、決して順調ではなかった。故障は治って、練習を再開していたものの、8月に貧血の症状が出て、今大会に向けて一度もスピード練習を積めなかったという。 そのため、スピードが速くなる5000mではなく、よりゆったりとしたペースが刻める10000mを復帰初戦に選んだ。「直前まで棄権(欠場)も考えましたが、無理せずに最後まで走り切ることを目標にレースに挑みました」。 コンディション的には「4割程度だった」が、序盤から先頭に立って、集団を牽引。中盤では6~7人いる先頭集団の後方に下がり、その集団からこぼれ落ちそうな場面もあった。しかし、残り6周。「これまで支えてくださった人たちの顔が脳裏に浮かび、脚が自然と前に出ました」と、そこで前に出る予定はなかったものの、トップに立つ。それまでの1周80秒前後のラップを77秒あたりまで引き上げた。 「実はあの場面が一番きつかったです」と振り返るが、後続を徐々に引き離してトップでフィニッシュ。これで1年生優勝した前回の5000mに続き、2年連続でタイトルを手にし、「優勝して恩返しがしたかったのでうれしいです」。その目には光るものがあった。 「スタート前はちょっと不安もありましたが、それでも最初から最後まで楽しんで走ることができました」と不破。この後は、「来年の世界選手権の代表に入れるようしっかり練習を積んでいきたい」と抱負を語った。来夏、ブダペスト行きの切符をつかむため、これからの駅伝シーズンや、トラックレースで弾みとなる走りが見られるか――。19歳の再挑戦に再び注目が集まる。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

NEWS 400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

2024.06.17

400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top