HOME 特集

2022.08.26

夏の札幌を誰が制する?男子は髙久龍、小椋裕介、定方俊樹らが激突 女子は松下菜摘が軸/北海道マラソン展望
夏の札幌を誰が制する?男子は髙久龍、小椋裕介、定方俊樹らが激突 女子は松下菜摘が軸/北海道マラソン展望

北海道マラソン2022が8月28日、札幌市の大通公園を発着点に行われる。過去2年(2大会)は東京五輪に伴い休止されたため、3年ぶりの開催。来年秋に予定されている2024年パリ五輪代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権が懸かるとともに、来年夏にハンガリー・ブダペストで行われる世界選手権(23年8月19日~27日)の代表選考も兼ねている。

大会はジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)の第2期加盟大会G1で、シリーズⅡ(21年11月~23年3月/賞金総額3000万円)の対象となる。

レース中は気温20度を越える予想。夏のマラソンのため、冬のレースと単純な比較はできないが、男子では20年の東京で2時間6分47秒(日本歴代7位)をマークした髙久龍(ヤクルト)が最も良い記録を持つ。次に同僚の小椋裕介(ヤクルト)が2時間6分51秒(日本歴代9位タイ、21年びわ湖毎日)で続く。

この2人を軸に、2時間7分台の定方俊樹(三菱重工)、湯澤舜(SGホールディングス)、村本一樹(住友電工)、青木優(カネボウ)、市山翼(小森コーポレーション)が争う構図となりそう。

また、エリート競技者(一般参加)の作田将希(JR東日本)も2時間7分台を持つ。さらに2時間8分台の作田直也(JR東日本)、林奎介(GMOインターネット)、細森大輔(YKK)、小山裕太(トーエネック)も上位争いに絡みそうだ。

女子は招待競技者のうち、東京五輪に出場した前田穂南(天満屋)と、1月の大阪国際で2時間22分29秒をマークして2位に入った上杉真穂(スターツ)、2時間26分50秒の自己記録を持つ池田千晴(日立)の3人が欠場する。欠場者を除いた自己ベストトップは2時間23分05秒の松下菜摘(天満屋)。松下は21年名古屋、22年大阪国際でいずれも3位と安定感がある。

さらに、招待競技者の下門美春(埼玉医科大グループ)やエリート競技者では、2時間26分台の記録を持つ山口遙(AC KITA)も優勝候補。岡田唯(大塚製薬)や、来年3月末をもってチームが解散する菊地優子(ホクレン)がどこまで食らいつけるか。

このレースでMGC出場権を獲得するには1位~3位が、男子2時間14分00秒以内、女子2時間32分00秒以内。4位~6位はタイムが上がり、男子2時間12分00秒以内、女子は2時間30分00秒以内となる。

なお、男子の髙久、定方、湯澤の3人と女子の松下はMGC出場をすでに決めている。

北海道マラソン2022が8月28日、札幌市の大通公園を発着点に行われる。過去2年(2大会)は東京五輪に伴い休止されたため、3年ぶりの開催。来年秋に予定されている2024年パリ五輪代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権が懸かるとともに、来年夏にハンガリー・ブダペストで行われる世界選手権(23年8月19日~27日)の代表選考も兼ねている。 大会はジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)の第2期加盟大会G1で、シリーズⅡ(21年11月~23年3月/賞金総額3000万円)の対象となる。 レース中は気温20度を越える予想。夏のマラソンのため、冬のレースと単純な比較はできないが、男子では20年の東京で2時間6分47秒(日本歴代7位)をマークした髙久龍(ヤクルト)が最も良い記録を持つ。次に同僚の小椋裕介(ヤクルト)が2時間6分51秒(日本歴代9位タイ、21年びわ湖毎日)で続く。 この2人を軸に、2時間7分台の定方俊樹(三菱重工)、湯澤舜(SGホールディングス)、村本一樹(住友電工)、青木優(カネボウ)、市山翼(小森コーポレーション)が争う構図となりそう。 また、エリート競技者(一般参加)の作田将希(JR東日本)も2時間7分台を持つ。さらに2時間8分台の作田直也(JR東日本)、林奎介(GMOインターネット)、細森大輔(YKK)、小山裕太(トーエネック)も上位争いに絡みそうだ。 女子は招待競技者のうち、東京五輪に出場した前田穂南(天満屋)と、1月の大阪国際で2時間22分29秒をマークして2位に入った上杉真穂(スターツ)、2時間26分50秒の自己記録を持つ池田千晴(日立)の3人が欠場する。欠場者を除いた自己ベストトップは2時間23分05秒の松下菜摘(天満屋)。松下は21年名古屋、22年大阪国際でいずれも3位と安定感がある。 さらに、招待競技者の下門美春(埼玉医科大グループ)やエリート競技者では、2時間26分台の記録を持つ山口遙(AC KITA)も優勝候補。岡田唯(大塚製薬)や、来年3月末をもってチームが解散する菊地優子(ホクレン)がどこまで食らいつけるか。 このレースでMGC出場権を獲得するには1位~3位が、男子2時間14分00秒以内、女子2時間32分00秒以内。4位~6位はタイムが上がり、男子2時間12分00秒以内、女子は2時間30分00秒以内となる。 なお、男子の髙久、定方、湯澤の3人と女子の松下はMGC出場をすでに決めている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top