HOME アイテム

2020.02.09

【アイテム】最大酸素摂取量が上がる!? パフォーマンスウォーター「リセラ」
【アイテム】最大酸素摂取量が上がる!? パフォーマンスウォーター「リセラ」

【アイテム紹介/PR】
最大酸素摂取量が上がる!?
パフォーマンスウォーター「リセラ」

自身のパフォーマンスをアップさせるために、アスリートは日々トレーニングに励んでいる。なかでも意識の高いアスリートは、トレーニングの効果をさらに高めようと、ケアや栄養面にも気を使って身体の回復を早めようと尽力することが多い。
それに対して、リカバリーではなく「パフォーマンスアップ」を打ち出しているのが「スポーツパフォーマンスウォーターRe.Cera(リセラ)」だ。この効果がどれほどのものか、市民ランナーである筆者が約半年にわたって摂取した結果をレポートする。

「水の専門家」が開発

「スポーツパフォーマンスウォーターRe.Cera(リセラ)」は水そのものではなく、水道水を「低分子クラスター浸透水」に生成するための浄水ポットだ。リセラを販売している株式会社はつがによると、12人の被験者にこの低分子クラスター浸透水を1日1.5リットル、2ヵ月間にわたって飲んでもらったところ、最大酸素摂取量が平均13.26%も向上したという。「パフォーマンスがアップする水」というのがリセラのうたい文句だ。

最大酸素摂取量が平均13.26%アップしたという調査結果もある「スポーツパフォーマンスウォーターRe.Cera(リセラ)」
リセラを開発したのは理学博士の鵜澤正和氏。鵜澤氏は1982年から「健康と水」について研究をしており、2004年に鵜澤氏が商品化した水は日本を代表するさまざまな競技のトップアスリートたちが愛用。世界大会でも多くのメダリストを生んだという。

広告の下にコンテンツが続きます

鵜澤氏はその後も研究を進め、当時よりも優れた水として、水の分子をより小さくして体内への吸収率を高める「低分子クラスター浸透水」を生成できるシステムを完成。特許も取得し、その技術を商品化したのが「リセラ」だ。

半年試した結果

リセラは約1リットルの水を浄水ポットに入れておくと5分程度でろ過される。水なので普段の飲料としてはもちろん、料理などにも幅広く取り入れられるだろう。

私の場合は主に日中飲んでいる飲料をリセラに替えてみることにした。それまでは砂糖とミルクを入れたコーヒーをよく飲んでいたが、「低分子クラスター浸透水」のみ、つまり水だけを飲むようにした(朝晩はそれまでと変わらずジュースなども飲む)。

すると、目に見えて変化が表れた。まず、体重が着実に減っていき、それまで52~54kgの間で変動していたのが、3ヵ月もすると50kgまで落ちた(身長は160cm)。私はここ4~5年は月間100km程度しか走らない市民ランナーで、食事制限もしなければ、極端に練習量を増やしたわけでもない。飲み物を水に変えたことで摂取カロリーが減って、結果として体重が落ちたことは考えられるものの、それにしてもここまで身体が変化するとは驚きだった。

広告の下にコンテンツが続きます

そして、リセラを飲んだ私のパフォーマンスがどう変化したか。結論から言うと、格段に良くなった。

以下は私の過去5年間のトラック5000mでの最高記録(公認記録)と、レース前月と当月の合計走行距離である。市民ランナーなので現役アスリートとはとても比較にならないが、参考までに数値を示す。

2015年 18分30秒 239km ※2ヵ月の走行距離
2016年 19分47秒 134km
2017年 20分52秒 180km
2018年 20分06秒 192km
2019年 19分36秒 193km

2016年以降は練習量の減少もあり、走力が著しく低下した。2017~2018年は20分も切れなかったが、リセラを飲んだ2019年は19分36秒まで戻している(なお、非公認では19分01秒で走っており、2016年以降では明らかに速い)。

広告の下にコンテンツが続きます

レース前2ヵ月の走行距離では2016年以降は大きな変化がなく、トレーニングの効果に大きな差があるとは考えにくい。一方で、長く52~54kgで推移していた体重が50kg台まで落ちたのは事実で、これがパフォーマンスに好影響を与えたのだろう。

特筆すべきは飲みやすさ

もっとも、これはあくまでも筆者個人の体験である。リセラを使ったタイミングと記録向上のタイミングが一致しているのは事実だが、飲む水がリセラでなく、通常の水ならどうだったのかという、リセラとパフォーマンスとの因果関係までは証明できていない。

私が感じたのは、リセラを使う最大のメリットは生成する「低分子クラスター浸透水」が飲み水として純粋においしいことだ。通常、水はそれだけを飲んでいると味のある飲み物がプラスで欲しくなる場合も多いが、低分子クラスター浸透水はそれだけで満足できることがほとんど。「水のおいしさ」を文字でどう表現するかは難しいところだが、不思議な飲みごたえがあり、後味もスッキリしている。

もちろん水なのでカロリーはゼロ。気が済むまで飲んでも太る心配はない。ダイエット目的には良いのではないかと感じる。

広告の下にコンテンツが続きます

パフォーマンス面の効果を抜きにしても、浄水器やウォーターサーバーの代わりと考えれば9,750円(税別)という価格はお手頃だ。

「水」にこだわりたいアスリートや、ウエイトコントロールに悩む選手は導入を検討する価値があるだろう。

◎文/山本慎一郎【PR】

<関連サイト>
商品ページ
スポーツパフォーマンスウォーター・リセラ公式サイト
株式会社はつが(販売元)

広告の下にコンテンツが続きます

【アイテム紹介/PR】 最大酸素摂取量が上がる!? パフォーマンスウォーター「リセラ」

自身のパフォーマンスをアップさせるために、アスリートは日々トレーニングに励んでいる。なかでも意識の高いアスリートは、トレーニングの効果をさらに高めようと、ケアや栄養面にも気を使って身体の回復を早めようと尽力することが多い。 それに対して、リカバリーではなく「パフォーマンスアップ」を打ち出しているのが「スポーツパフォーマンスウォーターRe.Cera(リセラ)」だ。この効果がどれほどのものか、市民ランナーである筆者が約半年にわたって摂取した結果をレポートする。

「水の専門家」が開発

「スポーツパフォーマンスウォーターRe.Cera(リセラ)」は水そのものではなく、水道水を「低分子クラスター浸透水」に生成するための浄水ポットだ。リセラを販売している株式会社はつがによると、12人の被験者にこの低分子クラスター浸透水を1日1.5リットル、2ヵ月間にわたって飲んでもらったところ、最大酸素摂取量が平均13.26%も向上したという。「パフォーマンスがアップする水」というのがリセラのうたい文句だ。 最大酸素摂取量が平均13.26%アップしたという調査結果もある「スポーツパフォーマンスウォーターRe.Cera(リセラ)」 リセラを開発したのは理学博士の鵜澤正和氏。鵜澤氏は1982年から「健康と水」について研究をしており、2004年に鵜澤氏が商品化した水は日本を代表するさまざまな競技のトップアスリートたちが愛用。世界大会でも多くのメダリストを生んだという。 鵜澤氏はその後も研究を進め、当時よりも優れた水として、水の分子をより小さくして体内への吸収率を高める「低分子クラスター浸透水」を生成できるシステムを完成。特許も取得し、その技術を商品化したのが「リセラ」だ。

半年試した結果

リセラは約1リットルの水を浄水ポットに入れておくと5分程度でろ過される。水なので普段の飲料としてはもちろん、料理などにも幅広く取り入れられるだろう。 私の場合は主に日中飲んでいる飲料をリセラに替えてみることにした。それまでは砂糖とミルクを入れたコーヒーをよく飲んでいたが、「低分子クラスター浸透水」のみ、つまり水だけを飲むようにした(朝晩はそれまでと変わらずジュースなども飲む)。 すると、目に見えて変化が表れた。まず、体重が着実に減っていき、それまで52~54kgの間で変動していたのが、3ヵ月もすると50kgまで落ちた(身長は160cm)。私はここ4~5年は月間100km程度しか走らない市民ランナーで、食事制限もしなければ、極端に練習量を増やしたわけでもない。飲み物を水に変えたことで摂取カロリーが減って、結果として体重が落ちたことは考えられるものの、それにしてもここまで身体が変化するとは驚きだった。 そして、リセラを飲んだ私のパフォーマンスがどう変化したか。結論から言うと、格段に良くなった。 以下は私の過去5年間のトラック5000mでの最高記録(公認記録)と、レース前月と当月の合計走行距離である。市民ランナーなので現役アスリートとはとても比較にならないが、参考までに数値を示す。 2015年 18分30秒 239km ※2ヵ月の走行距離 2016年 19分47秒 134km 2017年 20分52秒 180km 2018年 20分06秒 192km 2019年 19分36秒 193km 2016年以降は練習量の減少もあり、走力が著しく低下した。2017~2018年は20分も切れなかったが、リセラを飲んだ2019年は19分36秒まで戻している(なお、非公認では19分01秒で走っており、2016年以降では明らかに速い)。 レース前2ヵ月の走行距離では2016年以降は大きな変化がなく、トレーニングの効果に大きな差があるとは考えにくい。一方で、長く52~54kgで推移していた体重が50kg台まで落ちたのは事実で、これがパフォーマンスに好影響を与えたのだろう。

特筆すべきは飲みやすさ

もっとも、これはあくまでも筆者個人の体験である。リセラを使ったタイミングと記録向上のタイミングが一致しているのは事実だが、飲む水がリセラでなく、通常の水ならどうだったのかという、リセラとパフォーマンスとの因果関係までは証明できていない。 私が感じたのは、リセラを使う最大のメリットは生成する「低分子クラスター浸透水」が飲み水として純粋においしいことだ。通常、水はそれだけを飲んでいると味のある飲み物がプラスで欲しくなる場合も多いが、低分子クラスター浸透水はそれだけで満足できることがほとんど。「水のおいしさ」を文字でどう表現するかは難しいところだが、不思議な飲みごたえがあり、後味もスッキリしている。 もちろん水なのでカロリーはゼロ。気が済むまで飲んでも太る心配はない。ダイエット目的には良いのではないかと感じる。 パフォーマンス面の効果を抜きにしても、浄水器やウォーターサーバーの代わりと考えれば9,750円(税別)という価格はお手頃だ。 「水」にこだわりたいアスリートや、ウエイトコントロールに悩む選手は導入を検討する価値があるだろう。 ◎文/山本慎一郎【PR】 <関連サイト> ・商品ページスポーツパフォーマンスウォーター・リセラ公式サイト株式会社はつが(販売元)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top