月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山田暉斗が砲丸投で高校歴代2位の18m74!7年ぶり大会新で念願の高校タイトルを獲得/徳島IH


◇徳島インターハイ(8月3日~7日/徳島・鳴門総合運動公園)

インターハイ3日目は男女計8種目の決勝が行われ、男子砲丸投では山田暉斗(法政二3神奈川)が高校歴代2位の18m74で初優勝。2015年に幸長慎一(生光学園3徳島/現・四国大AC)がマークした大会記録18m21(当時の高校記録)を53㎝更新した。

6月のU20日本選手権でマークした自己記録18m01は、今季の高校ランキングトップ。山田は優勝候補に挙がっていたが、「試合前に考え過ぎるとダメなことが多いので、シンプルに、最後は全身で(砲丸を)押すというぐらいの意識でやりました」と、1回ずつの投げに集中した。

「練習で良い感覚がつかめていたので、飛びそうだという感じがあった」という。実際、決勝では多くの選手が15m台の争いを繰り広げる中、山田は1投目に17m19、2投目に17m70と17m台を連発。3回目にはさらに記録を伸ばして18m09で自己新をマークし、他を大きく引き離した。4投目に17m53をマークした後、5回目に超特大の18m74。記録の計測中から大きなガッツポーズを作るほど、確かな手応えがあった。

6回目は「気合が入り過ぎてダメだった」と言うものの、18m53のセカンドベスト。17m16で2位の東海林慎也(山形中央3)が競技終了後、山田にかけた「かなわんかった」という言葉に、他を寄せつけない強さが垣間見えた。

今大会、他の選手がグライド投法だったなか、山田だけが回転投法で挑んだ。高1のシーズン後から本格的に始め、難しい技術を習得できれば、好記録が期待できる。「2年生の頃は記録が出なくて」苦しい時期もあり、「回転に変えたことが良くなかったんじゃないか」という声も山田の耳に入ってきたという。

それでも、「自分の投げを考えた時、回転投法の方が合っている」という信念はブレることがなかった。

「自分の目指す理想像があって、そこを目指していけば、今やることが見えてくる。理想を崩さないように、それを目標にがんばりました。めげずにその先を見据えていたので、うまくかみ合って良かったです」

中学時代には全中を制し、高校でもU18大会やU20日本選手権といった全国大会で優勝してきた山田。前回4位で悔しさを味わったインターハイのタイトルをついに手中に収め、「インターハイは高校生の集大成。勝てて良かったです」と充実の表情を浮かべた。

ビッグショットで欲しかった高校王者の称号を得たが、「回転投法の完成度はまだ50%」と山田。その完成形をぜひとも見てみたい。

■男子砲丸投 高校歴代5傑
19.28 アツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭3大阪) 2020.11. 3
18.74 山田 暉斗(法政二3神奈川) 2022. 8. 5
18.21 幸長 慎一(生光学園3徳島) 2015. 7.31
18.14 稻福  颯(市岐阜商3岐阜) 2018. 8. 6
18.02 井元 幸喜(都島工3大阪) 2003. 6.28

◇3日目の優勝者
【男子】
400mハードル 紺野稜真(九里学園3山形)50秒46
4×100mリレー 洛南(京都)39秒71=大会新
5000m競歩 長田隼人(松山工3愛媛)20分52秒49
砲丸投 山田暉斗(法政二3神奈川)18m74=大会新
【女子】
400mハードル 瀧野未来(京都橘2京都)58秒54
4×100mリレー 中京大中京(愛知)45秒42
走幅跳 松村琴都(瑞陵2愛知)5m93(-1.2)
円盤投 友利晟弓(那覇西3沖縄)46m46

文/小野哲史

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com