HOME PR、アイテム

2022.09.16

勝利へのカギは『アミノ酸』 アミノバイタル®が徹底サポート/PR
勝利へのカギは『アミノ酸』 アミノバイタル®が徹底サポート/PR

自己記録の更新、そして勝利を目指すアスリートにとって欠かせないのが、日々のトレーニングと栄養、休養のサイクルだ。味の素株式会社は長年にわたる研究から得られたエビデンス(根拠)を基にアミノ酸サプリメント「アミノバイタル®」を開発し、今も改良を加えながら多くのアスリートを支えている。
では、アミノ酸とスポーツとの関係はどのようなものなのか。味の素アミノサイエンス事業本部スポーツニュートリション部マーケティンググループの谷山雅直氏に、スポーツにおけるアミノ酸の役割について解説していただいた。

アミノ酸はタンパク質の構成要素
BCAAは運動時のエネルギー源に

人間の身体は約20%がたんぱく質でできている。全身の約60%が水分になるため、残りの部分でたんぱく質が占める割合はとても大きい。たんぱく質は皮膚や筋肉、血液、髪の毛、内臓など身体のもととなる重要な成分で、そのたんぱく質を構成しているのがアミノ酸だ。

人間の身体はアミノ酸で成り立っている

たんぱく質は肉や魚などに多く含まれ、これを食事でとろうとすると消化・吸収されるまでには3~4時間ほどかかる。ところが、たんぱく質の最小単位であるアミノ酸は分解されることなく約30分という短時間で体内に取り込まれる。「日々ハードなトレーニングを行うアスリートは、一般の方と比べてもたんぱく質の分解が早くなると言われています。そこで、吸収スピードが早いアミノ酸を摂取するのがおすすめです」と味の素アミノサイエンス事業本部スポーツニュートリション部マーケティンググループの谷山雅直氏は説明する。

アミノ酸を補給することでスピーディーな消化吸収を実現


人間のたんぱく質を構成するアミノ酸はわずか20種類で、そのうち体内で合成ができない9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれる。なかでもバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類は分岐鎖アミノ酸(BCAA)といい、運動時のエネルギー源となる。このことから体内にBCAAをキープしておくことが大切なのだ。

「プロ」「ゴールド」「コネクト」
アミノバイタル® の活用法は?

アミノ酸は「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」という2種類に分けられ、その組み合わせによって体内への吸収効率が変わってくる。味の素は最新の栄養科学に基づいた研究と、多くのトップ選手との連携を駆使して製品を開発しているのが大きな特徴だ。

顆粒スティックタイプの「アミノバイタル®プロ」(1本4.4g)は、BCAAを含む9種類の必須アミノ酸を3800㎎摂取できる。4000㎎の必須アミノ酸が含まれる「アミノバイタル®ゴールド」は、必須アミノ酸の「ロイシン」が高配合されており、ハードなトレーニング後のリカバーに適している。さらに、今年からは水分とアミノ酸を素早く吸収できる「アミノバイタル®BCAAチャージウォーター」がラインナップされた。

アミノバイタル®は男子十種競技の右代啓祐(国士舘クラブ)、男子400mハードルの安部孝駿(ヤマダホールディングス)といったトップ選手をはじめ、多くのアスリートが愛用しているが、「部活動に励む中高生ももっと活用してほしい」と谷山氏は考えている。

「もちろん一番大事なのは朝昼晩の食事をベースとしたバランスの良い食事であることに間違いはありませんが、成長期にある中高生や大学生アスリートは多くのエネルギーが必要になるので、3食の食事以外でも必要な栄養素を適切なタイミングでとることを目的とした補食を上手に活用してみてください。栄養について興味を持ち、必要に応じてアミノバイタル®を使用していただきたいと考えています」

アミノ酸の働きについて解説してくれた味の素アミノサイエンス事業本部スポーツニュートリション部マーケティンググループの谷山雅直氏

大事なのは〝使い分け〟だ。先に挙げた以外にも必須アミノ酸とホエイプロテインを配合した「アミノバイタル®アミノプロテイン」もある。さまざまなアミノ酸を活用することで、トレーニングの効率化がより進むことが期待できそうだ。

また、味の素は昨年から非必須アミノ酸をベースとした「アミノバイタル®CONNECT(コネクト)」を展開。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて開発した特別仕様のアミノ酸を製品化したものだ。理想の動きをサポートするコンディショニングアミノ酸組成となっている。

アミノ酸を100年以上も研究している味の素が開発したアミノバイタル®にはたくさんの種類がある

アミノバイタル®は製品によってアミノ酸の種類や含有量が異なるが、それは科学的なエビデンスに基づき、目的ごとに最適なバランスで配合されているため。「アミノバイタル®は目的に応じた商品がありますので、使い分けていただければ」と谷山氏。

長年にわたるアミノ酸研究から生まれたアミノバイタル®は、これからも多くのアスリートのパフォーマンスを支えていくことだろう。

夏を乗り切るためのアミノバイタル®

アミノバイタル®CONNECT(コネクト)

アミノバイタル®CONNECT
含まれるアミノ酸:アラニン、プロリン、アスパラギン酸、グリシン、グルタミン酸、セリン
●1本あたりのアミノ酸の量:4000㎎
●6種のアミノ酸ミックス4000㎎を配合したスペシャル品種。理想の動きを支えるコンディショニングをサポートする。

アミノバイタル®BCAAチャージウォーター

アミノバイタル®BCAAチャージウォーター
含まれるアミノ酸:BCAA、アルギニン、グルタミン
●1本あたりのアミノ酸の量:1500㎎
●水分と栄養素を体内に素早く吸収でき、運動時の水分補給におすすめ。

<関連リンク>
味の素ダイレクト(オンラインショップ)
アミノバイタル(ブランドサイト)

※この記事は『月刊陸上競技』2022年10月号に掲載しています

自己記録の更新、そして勝利を目指すアスリートにとって欠かせないのが、日々のトレーニングと栄養、休養のサイクルだ。味の素株式会社は長年にわたる研究から得られたエビデンス(根拠)を基にアミノ酸サプリメント「アミノバイタル®」を開発し、今も改良を加えながら多くのアスリートを支えている。 では、アミノ酸とスポーツとの関係はどのようなものなのか。味の素アミノサイエンス事業本部スポーツニュートリション部マーケティンググループの谷山雅直氏に、スポーツにおけるアミノ酸の役割について解説していただいた。

アミノ酸はタンパク質の構成要素 BCAAは運動時のエネルギー源に

人間の身体は約20%がたんぱく質でできている。全身の約60%が水分になるため、残りの部分でたんぱく質が占める割合はとても大きい。たんぱく質は皮膚や筋肉、血液、髪の毛、内臓など身体のもととなる重要な成分で、そのたんぱく質を構成しているのがアミノ酸だ。 人間の身体はアミノ酸で成り立っている たんぱく質は肉や魚などに多く含まれ、これを食事でとろうとすると消化・吸収されるまでには3~4時間ほどかかる。ところが、たんぱく質の最小単位であるアミノ酸は分解されることなく約30分という短時間で体内に取り込まれる。「日々ハードなトレーニングを行うアスリートは、一般の方と比べてもたんぱく質の分解が早くなると言われています。そこで、吸収スピードが早いアミノ酸を摂取するのがおすすめです」と味の素アミノサイエンス事業本部スポーツニュートリション部マーケティンググループの谷山雅直氏は説明する。

アミノ酸を補給することでスピーディーな消化吸収を実現

人間のたんぱく質を構成するアミノ酸はわずか20種類で、そのうち体内で合成ができない9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれる。なかでもバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類は分岐鎖アミノ酸(BCAA)といい、運動時のエネルギー源となる。このことから体内にBCAAをキープしておくことが大切なのだ。

「プロ」「ゴールド」「コネクト」 アミノバイタル® の活用法は?

アミノ酸は「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」という2種類に分けられ、その組み合わせによって体内への吸収効率が変わってくる。味の素は最新の栄養科学に基づいた研究と、多くのトップ選手との連携を駆使して製品を開発しているのが大きな特徴だ。 顆粒スティックタイプの「アミノバイタル®プロ」(1本4.4g)は、BCAAを含む9種類の必須アミノ酸を3800㎎摂取できる。4000㎎の必須アミノ酸が含まれる「アミノバイタル®ゴールド」は、必須アミノ酸の「ロイシン」が高配合されており、ハードなトレーニング後のリカバーに適している。さらに、今年からは水分とアミノ酸を素早く吸収できる「アミノバイタル®BCAAチャージウォーター」がラインナップされた。 アミノバイタル®は男子十種競技の右代啓祐(国士舘クラブ)、男子400mハードルの安部孝駿(ヤマダホールディングス)といったトップ選手をはじめ、多くのアスリートが愛用しているが、「部活動に励む中高生ももっと活用してほしい」と谷山氏は考えている。 「もちろん一番大事なのは朝昼晩の食事をベースとしたバランスの良い食事であることに間違いはありませんが、成長期にある中高生や大学生アスリートは多くのエネルギーが必要になるので、3食の食事以外でも必要な栄養素を適切なタイミングでとることを目的とした補食を上手に活用してみてください。栄養について興味を持ち、必要に応じてアミノバイタル®を使用していただきたいと考えています」 アミノ酸の働きについて解説してくれた味の素アミノサイエンス事業本部スポーツニュートリション部マーケティンググループの谷山雅直氏 大事なのは〝使い分け〟だ。先に挙げた以外にも必須アミノ酸とホエイプロテインを配合した「アミノバイタル®アミノプロテイン」もある。さまざまなアミノ酸を活用することで、トレーニングの効率化がより進むことが期待できそうだ。 また、味の素は昨年から非必須アミノ酸をベースとした「アミノバイタル®CONNECT(コネクト)」を展開。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて開発した特別仕様のアミノ酸を製品化したものだ。理想の動きをサポートするコンディショニングアミノ酸組成となっている。 アミノ酸を100年以上も研究している味の素が開発したアミノバイタル®にはたくさんの種類がある アミノバイタル®は製品によってアミノ酸の種類や含有量が異なるが、それは科学的なエビデンスに基づき、目的ごとに最適なバランスで配合されているため。「アミノバイタル®は目的に応じた商品がありますので、使い分けていただければ」と谷山氏。 長年にわたるアミノ酸研究から生まれたアミノバイタル®は、これからも多くのアスリートのパフォーマンスを支えていくことだろう。

夏を乗り切るためのアミノバイタル®

アミノバイタル®CONNECT(コネクト) アミノバイタル®CONNECT 含まれるアミノ酸:アラニン、プロリン、アスパラギン酸、グリシン、グルタミン酸、セリン ●1本あたりのアミノ酸の量:4000㎎ ●6種のアミノ酸ミックス4000㎎を配合したスペシャル品種。理想の動きを支えるコンディショニングをサポートする。 アミノバイタル®BCAAチャージウォーター アミノバイタル®BCAAチャージウォーター 含まれるアミノ酸:BCAA、アルギニン、グルタミン ●1本あたりのアミノ酸の量:1500㎎ ●水分と栄養素を体内に素早く吸収でき、運動時の水分補給におすすめ。 <関連リンク> 味の素ダイレクト(オンラインショップ) アミノバイタル(ブランドサイト) ※この記事は『月刊陸上競技』2022年10月号に掲載しています

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top