HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子4×400mRはメダル獲得へ「個人種目で44秒台」 100mH日本新の福部「もう一度12秒8台を」/世界陸上
男子4×400mRはメダル獲得へ「個人種目で44秒台」 100mH日本新の福部「もう一度12秒8台を」/世界陸上


7月24日に閉幕したオレゴン世界選手権の日本代表が26日午後、開催地の米国から帰国。大会最終日の男子4×400mリレー決勝でアジア新の2分59秒51をマークして4位に入ったメンバー4人と、100mハードル準決勝で日本新の12秒82をマークした福部真子(日本建設工業)が取材に応じた。

男子4×400mリレーで初の2分台をマークした日本代表。4走の中島佑気ジョセフ(東洋大)は「走った後はメダルに届かず悔しかったけど、楽しめた面もあります」。あのレースから30時間余りが経過して、少し冷静に分析できたようだ。2走の川端魁人(中京大クラブ)は「次につながるレースでした」と振り返った。

悲願達成に必要なのは個々のレベルアップ。1走を務めた佐藤風雅(那須環境技術センター)は「金メダルの米国とは1秒以上の差がついたので、この差を埋めていきたい」と話す。3走を務め、43秒91のラップで順位を上げたウォルシュ・ジュリアン(富士通)は「一から作り直して挑めるようにしたい。力をつけて臨みたい」と前を向いた。

その目標となるのが「44秒台」と川端。1991年に髙野進が打ち立てた日本記録44秒78は30年以上経った今も残る。個人でも準決勝に進んだ佐藤は「髙野先生の日本記録更新は必要条件。それを複数出せるようになれば」と意気込んだ。

100mハードルの福部は日本新のレース後、笑顔を見せていた後に涙を見せていた。「周りが速過ぎて笑ってしまうほど。(8着の)私は13秒台かなと思っていたら日本新だったの感極まった感じです」と振り返る。

レース前日には寺田明日香(ジャパンクリエイト)から「3台目で他の選手がグッと前に出るけど、焦らないこと」と受けたという。結果は「2台目で浮いてしまって必死に追いかけました。60点ぐらいのレース」と語った。

同じレースでトビ・アムサン(ナイジェリア)が12秒12の世界新記録をマーク。「みんな前を走っていて1着がよくわからないくらいだった」。世界のレベルの高さを痛感した。

今後は「日本でもう一度12秒8台を出したい」と福部。まずはオレゴンの再現をすることで、次へつなげるつもりだ。「スプリント力を引き上げていって、世界でもそれなりに戦えるようにしたいです」と話していた。

7月24日に閉幕したオレゴン世界選手権の日本代表が26日午後、開催地の米国から帰国。大会最終日の男子4×400mリレー決勝でアジア新の2分59秒51をマークして4位に入ったメンバー4人と、100mハードル準決勝で日本新の12秒82をマークした福部真子(日本建設工業)が取材に応じた。 男子4×400mリレーで初の2分台をマークした日本代表。4走の中島佑気ジョセフ(東洋大)は「走った後はメダルに届かず悔しかったけど、楽しめた面もあります」。あのレースから30時間余りが経過して、少し冷静に分析できたようだ。2走の川端魁人(中京大クラブ)は「次につながるレースでした」と振り返った。 悲願達成に必要なのは個々のレベルアップ。1走を務めた佐藤風雅(那須環境技術センター)は「金メダルの米国とは1秒以上の差がついたので、この差を埋めていきたい」と話す。3走を務め、43秒91のラップで順位を上げたウォルシュ・ジュリアン(富士通)は「一から作り直して挑めるようにしたい。力をつけて臨みたい」と前を向いた。 その目標となるのが「44秒台」と川端。1991年に髙野進が打ち立てた日本記録44秒78は30年以上経った今も残る。個人でも準決勝に進んだ佐藤は「髙野先生の日本記録更新は必要条件。それを複数出せるようになれば」と意気込んだ。 100mハードルの福部は日本新のレース後、笑顔を見せていた後に涙を見せていた。「周りが速過ぎて笑ってしまうほど。(8着の)私は13秒台かなと思っていたら日本新だったの感極まった感じです」と振り返る。 レース前日には寺田明日香(ジャパンクリエイト)から「3台目で他の選手がグッと前に出るけど、焦らないこと」と受けたという。結果は「2台目で浮いてしまって必死に追いかけました。60点ぐらいのレース」と語った。 同じレースでトビ・アムサン(ナイジェリア)が12秒12の世界新記録をマーク。「みんな前を走っていて1着がよくわからないくらいだった」。世界のレベルの高さを痛感した。 今後は「日本でもう一度12秒8台を出したい」と福部。まずはオレゴンの再現をすることで、次へつなげるつもりだ。「スプリント力を引き上げていって、世界でもそれなりに戦えるようにしたいです」と話していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top