月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子4×400mRはメダル獲得へ「個人種目で44秒台」 100mH日本新の福部「もう一度12秒8台を」/世界陸上


7月24日に閉幕したオレゴン世界選手権の日本代表が26日午後、開催地の米国から帰国。大会最終日の男子4×400mリレー決勝でアジア新の2分59秒51をマークして4位に入ったメンバー4人と、100mハードル準決勝で日本新の12秒82をマークした福部真子(日本建設工業)が取材に応じた。

男子4×400mリレーで初の2分台をマークした日本代表。4走の中島佑気ジョセフ(東洋大)は「走った後はメダルに届かず悔しかったけど、楽しめた面もあります」。あのレースから30時間余りが経過して、少し冷静に分析できたようだ。2走の川端魁人(中京大クラブ)は「次につながるレースでした」と振り返った。

悲願達成に必要なのは個々のレベルアップ。1走を務めた佐藤風雅(那須環境技術センター)は「金メダルの米国とは1秒以上の差がついたので、この差を埋めていきたい」と話す。3走を務め、43秒91のラップで順位を上げたウォルシュ・ジュリアン(富士通)は「一から作り直して挑めるようにしたい。力をつけて臨みたい」と前を向いた。

その目標となるのが「44秒台」と川端。1991年に髙野進が打ち立てた日本記録44秒78は30年以上経った今も残る。個人でも準決勝に進んだ佐藤は「髙野先生の日本記録更新は必要条件。それを複数出せるようになれば」と意気込んだ。

100mハードルの福部は日本新のレース後、笑顔を見せていた後に涙を見せていた。「周りが速過ぎて笑ってしまうほど。(8着の)私は13秒台かなと思っていたら日本新だったの感極まった感じです」と振り返る。

レース前日には寺田明日香(ジャパンクリエイト)から「3台目で他の選手がグッと前に出るけど、焦らないこと」と受けたという。結果は「2台目で浮いてしまって必死に追いかけました。60点ぐらいのレース」と語った。

同じレースでトビ・アムサン(ナイジェリア)が12秒12の世界新記録をマーク。「みんな前を走っていて1着がよくわからないくらいだった」。世界のレベルの高さを痛感した。

今後は「日本でもう一度12秒8台を出したい」と福部。まずはオレゴンの再現をすることで、次へつなげるつもりだ。「スプリント力を引き上げていって、世界でもそれなりに戦えるようにしたいです」と話していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com