月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

35km競歩銀メダルの川野将虎が帰国「心の成長が結果につながった」/世界陸上


7月24日に閉幕したオレゴン世界選手権の日本代表が26日午後、開催地の米国から帰国した。

男子35km競歩で銀メダルを獲得した川野将虎(旭化成)は「今まで達成できなかったメダルを取れてうれしかったです。コーチなど人に恵まれて、スタッフに感謝したい」と語った。

川野がいた集団は前半こそ4分10秒台だった中盤以降1km4分02~03秒にペースアップ。「イメージはできていました。ハイペースを想定した練習はしてきました」と川野。6位に入った昨年の東京五輪50kmと同じようにスタミナをつけつつ、プラスアルファでスピードも強化してきたという。

残り1kmを過ぎて、マッシモ・スタノ(イタリア)がスパートし、川野は「あきらめそうになった」という。その時に先頭争いか後れていた松永大介(富士通)が、周回遅れながらも必死に歩いていた。その松永を抜く際に、「ここであきらめたら後悔するぞ」と声をかけられた。「その言葉を力に最後まで歩くことができました。感謝したいです」と振り返った。

昨年の東京五輪ではレース中に「過緊張から嘔吐」して6位。今年3月の世界競歩チーム選手権は残り1kmで抜かれて4位に終わった。「心の弱かった」と川野。酒井瑞穂コーチらかも指摘を受けて「心の成長がこの結果につながった」と話していた。

金メダルを獲得したスタノからは日本語で「おめでとう」と祝福されたという。川野のタイムは2時間23分15秒で、スタノとは1秒差だった。「大きな壁でした。優勝を称えたい」とチャンピオンに敬意を表しつつも、「目標は金メダル。これに満足せずに、来年の世界陸上、パリ五輪を目指して気持ちを切らさず、人間的にも成長したい」と力を込めた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com