月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

感涙、そして笑顔の銅メダル!!女子やり投・北口榛花63m27で劇的逆転「一番輝いた色ではないけど取れてうれしい」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた女子やり投決勝。その瞬間、涙があふれ、でも笑顔が輝いた。

5位で迎えた最終投てき、北口榛花(JAL)は土壇場で渾身の一投を見せた。オレゴンの空を突き抜けるように、やりがグングン伸びていく。63m27。それまでのトップが66m91の前回女王ケルセイ・リー・バーバー(豪州)、2位が東京五輪金メダルの劉詩穎(中国)で63m25。劉を2cm上回り、一気に2位へと浮上した。

その直後に64m05をマークしたカラ・ウィンガー(米国)に抜かれはしたが、まだ3位。残るはバーバーを除いて2人。そして、誰にも抜かれなかった。北口の銅メダルが確定した。

激闘を終えた選手たちと抱き合う北口はその後、日の丸を受け取って高々と掲げる。デヴィッド・シェケラック・コーチとも一緒に写真に収まった。そしてウィニングランへ。メダリストだけが許されるこのセレモニーでスタンドの大観衆からの祝福を受けた北口は、「一番輝いた色ではないですが、メダルが取れてうれしい」と感涙に浸った。

世界陸上における日本女子投てきの最高成績は、11点テグ大会やり投・海老原有希の8位。五輪では1932年ロサンゼルス大会やり投で真保正子、1936年ベルリン大会円盤投で中村コウがそれぞれ4位に入っているのが最高だ。世界陸上を通じて日本女子投てき初のメダリストは、その後のメダルセレモニーでは輝く笑顔で銅メダルを掲げた。

「ドキドキしながら臨みました」というファイナル。予選は1投目に堂々の全体トップとなる64m32を放っているが、それには及ばないものの62m07としっかりまとめた。トップ8入りは間違いない位置を抑え、2投目以降に臨む。

そこから投げたい気持ちが空回りしたのか、2投目はファウル、3投目は55m78にとどまったものの、3位でトップ8に入る。だが、4投目も61m27、ファウルと伸び悩んで順位を落とし、5位で最終投てきを迎えた。

その土壇場で見せた逆転の一投は、これまで北口が積み上げてきたものの証明だ。

北海道旭川市で生まれ育ち、幼少期から水泳、バドミントンなどさまざまなスポーツに取り組んだ北口。旭川東高で陸上部に入ると、やり投でその才能が開花。2年時からインターハイを連覇、3年時には世界ユース選手権で金メダルに輝いた。

大学ではケガに悩まされる時期もあったが、4年だった19年に64m36、66m00と日本記録を連発。同年のドーハ世界選手権では、初出場ながら予選突破にあと6cmに迫っている。そして、昨年の東京五輪では日本勢57年ぶりのファイナル進出。決勝は左腹斜筋肉離れの影響で12位となったが、着実に世界トップとの距離を縮めてきた。

今季は6月のダイヤモンドリーグ(DL)・パリ大会を63m13で制覇。世界最高峰リーグで日本人初優勝を飾るなど、その距離を一気に詰めた。2018年の終わり頃から師事するシェケラック・コーチととも取り組んできた走る、跳ぶ、投げるの基本トレーニングの積み重ねが、やりに伝わるようになってきた。

「あまり家族と一緒に過ごす時間が取れなかったり、親しい友だちとも会えない生活をしてきたので、本当良かった。トレーナーさんや、理解してくれるコーチも含めてやってきた結果です」。北口は、そう誇らしげに語る。

もちろん、「ここが私のゴールじゃない」。これは北口にとって「始まり」だ。

「金を目指してがんばっていきます」

世界の頂点へ、北口はまた一歩ずつ積み上げていく。

※事実関係に一部誤りがありましたので訂正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com