月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・武本紗栄は57m93で11位!初出場ながら決勝で健闘「また戻ってきたい」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた女子やり投決勝に、武本紗栄(佐賀県スポ協)が出場。2投目に57m93を投げて一時8位につけたものの、3投目を終えて11位となり、上位8選手に与えられる4回目以降の試技に進めなかった。

2日前の予選で59m15を投げ、初出場ながら全体11番目で決勝に進んだ武本。「初の世界陸上でファイナルに行けて、自分も戦えている、成長したと感じる部分がある」と手応えを感じた一方で、3回目までに59m83を投げればベスト8に進めただけに「ここぞというところで投げられなかった。まだまだ未熟」と、世界との差を実感した様子だった。

今年3月で大体大を卒業したばかりの22歳。自己記録は昨年マークした日本歴代4位の62m39で、来年のブダペスト世界選手権や再来年のパリ五輪も十分狙える逸材だ。

「終わってしまったなという感じ。またこの舞台に戻ってきたい」。目の前で達成された北口榛花(JAL)の銅メダル獲得に刺激を受け、武本は決意を新たにした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com