月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5000m・萩谷楓「最低限自己ベストを出さないと」予選敗退も五輪に続く世界大会出場/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子5000m予選1組に出場した萩谷楓(エディオン)は、昨年の東京五輪を経験しているが、世界陸上は初挑戦。前半は、1000mを2分58秒のハイペースを作った廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が先頭の集団に食らいついた。

しかし、2000mを前にトップ集団から後退し、その後も巻き返せずに15分53秒39で14着にとどまった。萩谷は「最低限、自己ベストを出さないといけないかった。今日の結果は情けない走り」と悔しそうに振り返る。

東京五輪でも予選敗退ではあったが、当時自己新の15分04秒95をマークする健闘。「東京五輪を経験して、もう1つ成長した姿をみなさんに見てほしかった」と臨んだが、「1回でも前に出る経験がしたかったけど、それも中途半端に終わってしまいました」と肩を落とす。

昨年9月の全日本実業団対抗選手権で自身初の14分台(14分59秒36)突入を果たすなど、この種目での代表入りが十分視野に入っていたこともあり、5月には日本選手権で初めて10000mに挑戦。31分35秒27で2位に入って、標準記録(31分25秒00)を突破すれば2種目出場への道が開ける状況を作った。

ただ、そこから結果がなかなか出せない。6月の日本選手権5000mでは3位以内で代表内定を得られる立場ながら5位。10000mの標準突破を目指した6月20日のホクレン・ディスタンスチャレンジ20周年記念大会で
も、強風の影響もあって31分58秒16にとどまった。5000mでは無事に代表入りを果たしたものの、本番に向けては難しい調整を強いられた。

五輪に続いて決勝進出は果たせなかったが、21歳のスピードランナーにとって、2年連続で世界大会のスタートラインに立てたことは得難い経験。今回の悔しさをぶつける舞台はいくつもある。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com