月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・北口榛花が現地で会見「やるべきことをやるだけ」初入賞を目指す/世界陸上

7月15日から米国・オレゴン州ユージンで開かれているオレゴン世界陸上の女子やり投に出場する北口榛花(JAL)が現地入りし、オンラインで会見を行い意気込みを語った。

6月に世界最高峰のダイヤモンドリーグで日本人初優勝を飾った北口。その後は「2週間ほど合宿をした」といい、合宿後にオーストリアの試合に出て60m42をマークした。「すごく良かったとは言えないですが、練習だけしていた中での試合。調整するところが見つかった」と振り返る。

昨年の東京五輪では決勝12位。そこで左脇腹を痛めて秋は試合に出なかった。今季は安定して61~63mをマーク。「練習がしっかり積めたというのが一番自信になっていて、どんな競技場、雰囲気でも自分は投げられるという自信が今のところあります」と力強い。

競技場のコンディションについては「向かい風が強い印象」とし、課題である「やり先が自分から離れないように同じ(投てき)方向に投げることが重要」だと言う。

ダイヤモンドリーグを制したことで、「やり投関係者のみんながあいさつをしてくれるようになりました」と笑う。それでも今大会の目標はチャレンジャーとして変わらず「ずっと入賞を目標にやってきました」。

もちろん、気持ちの中ではメダルを目標と言うべきかどうかの葛藤はある。それでも「これから先も競技人生が長いと思うので、ゆっくりステップアップしたいから」こそ、まずは入賞が一つの大きなポイントになる。

予選通過ラインは62m50だが「63mだと思って挑んで、決勝でも63mが大事になると思います」。会見当日、「それまでは緊張感はなかったですが、今日起きてから緊張しています」と笑った北口。世界陸上では初の決勝、そして五輪・世界陸上の入賞へ。「やるべきことをやるだけ」。それができれば、大きなステップアップにつながると信じている。

女子やり投には北口のほか、上田百寧(ゼンリン)、武本沙栄(佐賀スポ協)が出場。予選は日本時間20日に開催され、7時20分からのA組に上田、8時50分からのB組に北口、武本が入っている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com