HOME ニュース、海外

2022.07.19

ハイペースの女子マラソンはゲブレシラシェが大会新V 男子走高跳バルシム、女子三段跳ロハスが貫禄のV3/世界陸上Day4
ハイペースの女子マラソンはゲブレシラシェが大会新V 男子走高跳バルシム、女子三段跳ロハスが貫禄のV3/世界陸上Day4


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目は5種目の決勝と七種競技の後半が行われ、午前6時15分(現地時間)スタートの女子マラソンでは、前日の男子同様にハイレベルの優勝争いが繰り広げられた。

最初の5kmを16分10秒で通過と、スローで入った男子とは一変していきなり高速レースに。18km過ぎに前回優勝のルース・チェプンゲティチ(ケニア)がコースを外れる波乱含みの展開から、エチオピア勢が仕掛ける。そして、28kmからはゴティトム・ゲブレシラシェとジュディス・コリル(ケニア)が10km以上に渡って息詰まるデッドヒートを繰り広げた。

勝負が決したのは40.5km。ゲブレシラシェがスパートし、2時間18分11秒の大会新記録で初優勝を飾った。コンディションに恵まれたこともあり、世界陸上では史上初の2時間20分切り。前日の男子ではタミラト・トーラがこちらも大会新の2時間5分35秒で制しており、エチオピアが五輪、世界陸上を通じて同国初のマラソン男女制覇を成し遂げた。

エチオピア女子としては3大会ぶり2人目の栄冠を手にしたゲブレシラシェは、「とてもうれしい。40kmを過ぎても力が残っていると感じたので、スパートしようと決めた。昨日のトラの優勝が、とてもモチベーションになった」と振り返った。

コリルが9秒差の2時間18分20秒で2位となり、後半に順位を上げたロナ・チェムタイ・サルペーター(イスラエル)が2時間20分18秒で銅メダルを獲得。4位までが2005年ヘルシンキ大会でポーラ・ラドクリフ(英国)が出した大会記録(2時間20分57秒)を上回った。

イブニング・セッションでは跳躍の「王者」と「女王」がその力を存分に発揮した。

男子走高跳はムタズ・エッサ・バルシム(カタール)が2m37で貫録の3連覇。跳び始めの2m24から優勝記録の2m37まで、すべて一発でクリアする圧巻のシリーズで、他の選手に付け入る隙を与えなかった。東京五輪ではジャンマルコ・タンベリ(イタリア)と同記録・同試技で優勝を分け合い、念願の五輪金メダルを獲得。名実ともに現役最高のジャンパーとして君臨する。

女子三段跳決勝は、15m74の世界記録を持つユリマール・ロハス(ベネズエラ)の独壇場。2回目に今季ベストの15m47(+1.9)をマークすると、3回目15m24(+1.1)、優勝を決めた後の6回目も15m39(+0.5)で締めくくる。2位のシャニエカ・リケッツ(ジャマイカ)に58cmもの大差をつけて悠々と3連覇を飾り、東京五輪と、その間に行われた2018年と今年3月の世界室内選手権を合わせた世界大会の連勝を「6」に伸ばした。

女子七種競技はナフィサットゥ・ティアム(ベルギー)がセカンドベストとなる6947点で2大会ぶりの金メダルに輝く。6種目めのやり投でアナウク・フェッター(オランダ)に譲ったトップの座を、最終種目の800mで奪還。昨年の東京五輪でも連覇を飾った27歳が、「クイーン・オブ・アスリート」の座を守った。

女子1500mでも、五輪2連覇中のフェイス・キピエゴン(ケニア)が室内世界記録(3分53秒09)保持者のグダフ・ツェガイ(エチオピア)、東京五輪銀メダリストのローラ・ミューアー(英国)といったライバルたちの挑戦を真っ向から受け止めて、圧倒。最初の1周を58秒82で入る超ハイペースの展開から、終盤にさらにギアを上げる。パフォーマンス世界歴代10位の3分52秒96で2大会ぶりの優勝を飾った。

男子3000m障害はスローペースから、終盤に熾烈な金メダル争いを展開。終盤に抜け出したソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ)が8分25秒13で東京五輪に続くタイトル獲得。五輪ではケニア勢の10連覇を阻止したが、世界陸上でもケニア勢の連勝を「7」で止めた。

日本勢は女子マラソンで松田瑞生(ダイハツ)が終始ほぼ独走でレースを進め、2時間23分49秒の世界陸上日本人最高タイムをマーク。9位と惜しくも入賞には届かなかったが、コロナ禍で一山麻緒(資生堂)と新谷仁美(積水化学)が欠場し、日本勢ただ1人の出場となるなか健闘した。

イブニングセッションでは、男子走高跳で日本人として初めて決勝に臨んだ真野友博(九電工)が2m27を1回目にクリアして8位入賞の快挙を達成。男子200m予選では世界陸上初出場の上山紘輝(住友電工)が日本歴代9位の20秒26(+1.0)の好タイムをマークして、準決勝に進出。ベテランの飯塚翔太(ミズノ)も20秒72(±0)で組3着となり、自身3度目の準決勝に駒を進めた。また、200mに出場予定だった小池祐貴(住友電工)は新型コロナウイルス感染が判明し、欠場している。

■4日目優勝者一覧
【男子】
3000m障害 ソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ) 8分25秒13
走高跳   ムタズ・エッサ・バルシム(カタール)  2m37
【女子】
1500m   フェイス・キピエゴン(ケニア)     3分52秒96
マラソン  ゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)2時間18分11秒=大会新
三段跳   ユリマール・ロハス(ベネズエラ)    15m47(+1.9)
七種競技  ナフィサットゥ・ティアム(ベルギー)  6947点

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目 オレゴン世界陸上4日目は5種目の決勝と七種競技の後半が行われ、午前6時15分(現地時間)スタートの女子マラソンでは、前日の男子同様にハイレベルの優勝争いが繰り広げられた。 最初の5kmを16分10秒で通過と、スローで入った男子とは一変していきなり高速レースに。18km過ぎに前回優勝のルース・チェプンゲティチ(ケニア)がコースを外れる波乱含みの展開から、エチオピア勢が仕掛ける。そして、28kmからはゴティトム・ゲブレシラシェとジュディス・コリル(ケニア)が10km以上に渡って息詰まるデッドヒートを繰り広げた。 勝負が決したのは40.5km。ゲブレシラシェがスパートし、2時間18分11秒の大会新記録で初優勝を飾った。コンディションに恵まれたこともあり、世界陸上では史上初の2時間20分切り。前日の男子ではタミラト・トーラがこちらも大会新の2時間5分35秒で制しており、エチオピアが五輪、世界陸上を通じて同国初のマラソン男女制覇を成し遂げた。 エチオピア女子としては3大会ぶり2人目の栄冠を手にしたゲブレシラシェは、「とてもうれしい。40kmを過ぎても力が残っていると感じたので、スパートしようと決めた。昨日のトラの優勝が、とてもモチベーションになった」と振り返った。 コリルが9秒差の2時間18分20秒で2位となり、後半に順位を上げたロナ・チェムタイ・サルペーター(イスラエル)が2時間20分18秒で銅メダルを獲得。4位までが2005年ヘルシンキ大会でポーラ・ラドクリフ(英国)が出した大会記録(2時間20分57秒)を上回った。 イブニング・セッションでは跳躍の「王者」と「女王」がその力を存分に発揮した。 男子走高跳はムタズ・エッサ・バルシム(カタール)が2m37で貫録の3連覇。跳び始めの2m24から優勝記録の2m37まで、すべて一発でクリアする圧巻のシリーズで、他の選手に付け入る隙を与えなかった。東京五輪ではジャンマルコ・タンベリ(イタリア)と同記録・同試技で優勝を分け合い、念願の五輪金メダルを獲得。名実ともに現役最高のジャンパーとして君臨する。 女子三段跳決勝は、15m74の世界記録を持つユリマール・ロハス(ベネズエラ)の独壇場。2回目に今季ベストの15m47(+1.9)をマークすると、3回目15m24(+1.1)、優勝を決めた後の6回目も15m39(+0.5)で締めくくる。2位のシャニエカ・リケッツ(ジャマイカ)に58cmもの大差をつけて悠々と3連覇を飾り、東京五輪と、その間に行われた2018年と今年3月の世界室内選手権を合わせた世界大会の連勝を「6」に伸ばした。 女子七種競技はナフィサットゥ・ティアム(ベルギー)がセカンドベストとなる6947点で2大会ぶりの金メダルに輝く。6種目めのやり投でアナウク・フェッター(オランダ)に譲ったトップの座を、最終種目の800mで奪還。昨年の東京五輪でも連覇を飾った27歳が、「クイーン・オブ・アスリート」の座を守った。 女子1500mでも、五輪2連覇中のフェイス・キピエゴン(ケニア)が室内世界記録(3分53秒09)保持者のグダフ・ツェガイ(エチオピア)、東京五輪銀メダリストのローラ・ミューアー(英国)といったライバルたちの挑戦を真っ向から受け止めて、圧倒。最初の1周を58秒82で入る超ハイペースの展開から、終盤にさらにギアを上げる。パフォーマンス世界歴代10位の3分52秒96で2大会ぶりの優勝を飾った。 男子3000m障害はスローペースから、終盤に熾烈な金メダル争いを展開。終盤に抜け出したソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ)が8分25秒13で東京五輪に続くタイトル獲得。五輪ではケニア勢の10連覇を阻止したが、世界陸上でもケニア勢の連勝を「7」で止めた。 日本勢は女子マラソンで松田瑞生(ダイハツ)が終始ほぼ独走でレースを進め、2時間23分49秒の世界陸上日本人最高タイムをマーク。9位と惜しくも入賞には届かなかったが、コロナ禍で一山麻緒(資生堂)と新谷仁美(積水化学)が欠場し、日本勢ただ1人の出場となるなか健闘した。 イブニングセッションでは、男子走高跳で日本人として初めて決勝に臨んだ真野友博(九電工)が2m27を1回目にクリアして8位入賞の快挙を達成。男子200m予選では世界陸上初出場の上山紘輝(住友電工)が日本歴代9位の20秒26(+1.0)の好タイムをマークして、準決勝に進出。ベテランの飯塚翔太(ミズノ)も20秒72(±0)で組3着となり、自身3度目の準決勝に駒を進めた。また、200mに出場予定だった小池祐貴(住友電工)は新型コロナウイルス感染が判明し、欠場している。 ■4日目優勝者一覧 【男子】 3000m障害 ソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ) 8分25秒13 走高跳   ムタズ・エッサ・バルシム(カタール)  2m37 【女子】 1500m   フェイス・キピエゴン(ケニア)     3分52秒96 マラソン  ゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)2時間18分11秒=大会新 三段跳   ユリマール・ロハス(ベネズエラ)    15m47(+1.9) 七種競技  ナフィサットゥ・ティアム(ベルギー)  6947点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top