月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「ここまできたら入賞ラインに入りたかった」西山雄介が日本人最高タイムで13位/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子マラソン。西山雄介(トヨタ自動車)が世界選手権日本人最高タイムとなる2時間8分35秒で13位に入った。

気温17.4度と涼しさを感じる中でスタートしたレースは、5kmを15分43秒とゆったりとしたペースで入ると、中間点は1時間4分08秒で通過。「30kmあたりで(レースが)動くのは分かっていたので、前の方で準備していた」と話す西山は、先頭が見えるポジションで構えていた。

ただ、20km以降は1kmごとのスプリットが2分50秒から3分07秒とペースが大きく上下するなかで「脚を使ってしまった」と、徐々に集団の中でのポジションを下げてしまう。31kmでタミラト・トーラ(エチオピア)が飛び出したが、これについて行くことはできず、33km地点で15秒ほどの差をつけられた。

それでも、一番苦しくなる35km以降も1km3分10秒以内のペースを守る粘りのレースを展開。前から遅れてくる選手をかわしていき、8位とは1分差でフィニッシュした。

「これまでの世界選手権より気温が低いので、記録は出るだろうと思っていました。一番は肝心なところで前と勝負できなかったのが課題。順位が分かっていなかったですが、13位までいったらやっぱり入賞ラインに入りたかった」と悔しさを口にする。

三重・伊賀白鳳高時代からトラックや駅伝で活躍し、駒大時代は学生三大駅伝に1年生からフル出場。トヨタ自動車入社後も2020年のニューイヤー駅伝3区で区間賞を獲得するなど、着実に力をつけていた。初マラソンとなった今年2月の別府大分毎日マラソンで2時間7分47秒の大会新で優勝し、世界選手権の出場権を獲得。27歳で初めて世界の舞台に立った。

日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)が新型コロナウイルスの陽性反応で欠場するなか、日本のエース格として十分な走りを見せた西山。「世界の壁はまだまだ高い。この経験を次に生かし、世界と戦えるようパリ五輪を狙っていきます」と力を込めた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com