月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子400mのウォルシュ・ジュリアン「今年一番の調子」で2大会連続のセミファイナル決める/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子400m予選で、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)は45秒90で1組4着。自動的に通過できる3着以内には入れなかったが、記録で拾われて2大会連続の準決勝進出を決めた。

「練習もウォーミングアップも良く、今年一番の調子をもってくることができたとは思います」というウォルシュ。スタートから果敢に飛ばし、世界記録(43秒03)保持者のウェイデ・ファン・ニーケアク(南アフリカ)に次いで、2位争いを演じる。「前半はいい感じについていったのですが、250mからの切り替えがうまくいかなかったです」。終盤は順位を下げたが、上位とはわずかな差だった。

前回のドーハ大会は、予選で45秒14の自己新を出して組2着に入ると、準決勝は通過できなかったものの、自己記録をさらに0.01秒更新する45秒13(日本歴代4位)をマークした。

オレゴンでは果たしてどうなるか。3日後の日本時間21日11時15分から行われる準決勝に向けて、「最近、入りが速過ぎて後半もたないことがあるので、そこを粘りたい」と話していた。

男子400mの日本勢は2001年のエドモントン大会以来となるフルエントリー。日本選手権王者の佐藤風雅(那須環境センター)は5組4着(45秒88)で、ウォルシュと同じくプラス通過で準決勝に進み、川端魁人(中京大クラブ)は6組5着(46秒34)で予選敗退した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com