月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

学生4人目の10000m出場を果たした田澤廉 ほろ苦さを味わうも「今後の人生にプラスとなる」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子10000m決勝で、田澤廉(駒大)は28分24秒25で20位。シニア初の国際大会はほろ苦いものとなったが、収穫も得たようだ。

気温が30度を超えるコンディションにも「暑い中でのレースになるということはわかっていた」と田澤。スタートして集団の後方でレースを進めた。1000m2分45秒、2000m5分31秒、3000m8分20秒、4000m11分11秒、5000m14分01秒。昨年12月に日本歴代2位となる27分23秒44をマークしている田澤には、暑さを差し引いても十分に対応できるペースだった。

だが、この後に集団から離れて後退していく。「5000mまでついていって、そこから上げていこうと思いましたが、差し込みがきてしまいました」。先頭から1分近い差でフィニッシュ。「ただ出ただけになってしまいました」と話した。

青森山田高時代に2018年アジア・ジュニア選手権5000m銀メダルなど、当時から注目されたランナー。駒大進学後は大八木弘明監督から大きな期待をかけられた。それに応えるかのように、成長を遂げ、トラックや駅伝で活躍。昨年5月の日本選手権10000mでは2位に入っている。東京五輪出場こそ逃したが、昨冬に世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を突破すると、今年の箱根駅伝では2区で区間賞を獲得した。

5月の日本選手権では10位に終わり、そこで世界選手権代表内定を勝ち取ることができなかったが、他に標準突破者が現れず、7月に入って代表に選出された。その間もオレゴンを目指して準備はしてきたという。「調子も悪くなく調整もできていた」。

悔しい結果となったが、「緊張はしませんでした。観客の雰囲気もすごく良かったですね。スタートに立てたことは経験になるし今後の人生にプラスになります」と話した田澤。この種目では1995年イエーテボリ大会の渡辺康幸(早大)、2007年大阪大会の竹澤健介(早大)、2013年モスクワ大会の大迫傑(早大)に続く学生4人目の世界選手権出場を果たした。学生長距離の先輩たちのように、これからも輝かしいキャリアを積み重ねていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com