月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

サニブラウン無我夢中、全力で駆け抜けた100m!ファイナリストにも「こんなところで満足していられない」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた男子100m決勝にサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が出場した。

陸上大国の目の肥えた観衆は最終種目の男子100mに注がれる。8人中4人に米国代表がいる。一人ずつ紹介される。1レーンのサニブラウンは堂々と右手を挙げた。世界陸上の100mファイナル。そこに初めて日本人が並んだ。

異様なムードの中で号砲が鳴る。サニブラウンは反応がやや遅れる。それでもしっかりとした足取りで進む。目の前で次々と米国代表がフィニッシュしていき、サニブラウンは10秒06(-0.1)で7位。男子100mの歴史にとっては小さな一歩かもしれないが、日本陸上界にとって大きな大きな足跡を、自らが拠点とする米国に刻んだ。

「独特の緊張感がありました。緊張はせずリラックスして、やってやろうという気持ちで、トラックに入ってからも集中を切らさず」。だが、ここからがまさに別世界だったのか。走りについて「まったく覚えていない。断片的に、最後の20~30mあたりで横が前に出ているなくらい。無我夢中だったからかな」と振り返る。

疲れ果てて座り込む視線の先には大観衆に答えるフレッド・カーリー、マーヴィン・ブレイシー、トレイヴォン・ブロメルの3人。1991年東京大会以来のメダル独占に、「USAコール」が響き渡る。ブレイシーとブロメルは練習をともにする仲。「悔しい思いもしましたが、どれだけ頑張っているか間近で見てきたので『おめでとう』と言いたい」。

高校卒業と同時にフロリダ大に渡り、その後はプロアスリートになった。この日、米国でファイナリストとなったことで「自分がやってきたことが自分にとって正解だったと証明ができた」と胸を張る。

世界陸上では初、五輪を含めると1932年ロス五輪の吉岡隆徳以来、90年ぶりだった。そんな快挙にも「まずまず」とサニブラウン。「こんなところで満足していられない。もっともっと上を目指していく」。

メダルとの距離は「近くて遠い」と表現する。「その何センチを埋めるためにものすごい練習が必要で、メンタルの調整が必要。その1ミリを縮めるために選手たちは練習も、練習以外も過ごしている。自分も1秒1秒を無駄にせず励んでいきたいです」。

過去2回、不完全燃焼だった世界陸上の100m。「全力でこういう舞台で走りきるのはこのレベルになると難しいし、それができたのは収穫。でも、こんなところで記憶が飛んでいたらいけない。ファイナルを経験できたのは来年の世界陸上に向けていいスタートになります」。また一つ歴史の扉を開いたサニブラウン。高校時代から掲げる「世界一」への道のりは、険しくも楽しいものとなりそうだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com