月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走幅跳・橋岡優輝「経験不足」の悔しい10位 海外転戦の重要性を再確認/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた男子走幅跳の決勝。橋岡優輝(富士通)は7m86(+0.4)で10位に終わり、19年ドーハ大会(8位)、そして昨年の東京五輪(6位)に続く世界大会3連続入賞はならなかった。

敗退が決まるとすぐさまジャージに着替える。その姿に悔しさがにじむ。「悔しい。とっても悔しいです」。1回目、2回目ともにファウル。今年3月の世界室内選手権で3回ファウルをしていただけに、「不安要素もあって」残しにいったかたちになった。

予選は全体トップとなる8m18を跳んでいた橋岡。決勝は「調子も悪くなくて、ウォーミングアップでもドーハや東京よりも動けていました」と振り返る。だが、その調子の良さゆえ「さばききれなかった」。1回目から2回目に20cmほどマークを下げても踏み切りが合わなかった。

東京五輪でも感じた「経験不足」。予選、決勝と続く試合に「慣れていなかった」というのは、4月に足首を痛めた影響もある。「海外転戦をしたかったのですがケガでできなかった」。それを痛感するオレゴン世界陸上となった。今後は「ダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーなどに出ていきたい」と語る。

最後は「パリ五輪の年じゃなくて良かった。今年は3回ファウルもあって、最後はトップ8漏れ。これで厄落としができました」と自嘲気味に苦笑い。陸上の本場で受けた大きな借りは、2年後のパリ五輪に向けてしっかり返していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com