月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100mは地元・米国勢がメダル独占!カーリーが9秒86で初の世界王者に/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた男子100m決勝。4人が出場した地元・米国勢は全員が決勝に駒を進め、フレッド・カーリー(米国)が9秒86(-0.1)で初めて頂点に立った。

6月の全米選手権を制した勢いをいかんなく発揮した。予選で9秒79(+0.1)とトップタイムを叩き出したカーリーは、準決勝でも流しながら10秒02(+0.1)と1着通過。決勝では中盤までマーヴィン・ブレイシー(米国)やトレイボン・ブロメル(米国)に先行を許したものの、最後の10mで抜け出して金メダルをつかんだ。

カーリーは元々ロングスプリントで頭角を現し、2019年のドーハ世界選手権では400mで銅メダルを獲得。昨年から100mに本格参戦すると、さっそく東京五輪で銀メダルをつかみ、今年は世界歴代6位タイの9秒76までタイムを縮めていた。

カーリーはこのあと200mと4×100mリレーが控えており、「次に気持ちを切り替えている」とコメント。米国勢では2007年のタイソン・ゲイ以来となるスプリント3冠が懸かる。

2位はブレイシー、3位はブロメルで、ともに9秒88。米国勢によるメダル独占は1991年の東京大会以来31年ぶりとなる。

前回王者のクリスチャン・コールマン(米国)は10秒01で6位にとどまり、日本勢で初めて決勝に進んだサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒06で7位だった。

■男子100m上位成績(-0.1)
1位 フレッド・カーリー(米国)       9.86
2位 マーヴィン・ブレイシー(米国)      9.88
3位 トレイヴォン・ブロメル(米国)      9.88
4位 オビク・セヴィル(ジャマイカ)      9.97
5位 アカニ・シンビネ(南アフリカ)     10.01
6位 クリスチャン・コールマン(米国)    10.01
7位 サニブラウン・アブデル・ハキーム(日本)10.06
8位 アーロン・ブラウン(カナダ)      10.07

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com