月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

サニブラウン男子100m3度目の挑戦で悲願のファイナル!「他のどの選手もここに合わせてくる」準決勝を力強く突破!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた男子100m準決勝。1組に出場したサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒05(+0.3)で3着に入り、プラス通過で同種目日本人初の決勝進出を果たした。

五輪では1932年ロサンゼルス大会で吉岡隆徳が6位に入賞した歴史はあるが、世界陸上では日本の数々のスプリンターが挑み、跳ね返されてきたファイナルへの大きな、大きな壁。それが、ついに打ち破られた。自身にとっても3度目の準決勝挑戦での悲願達成だ。

「前半は悪くなかった」というように、予選と同様に課題のスタートをしっかりと決めた。だが、そこからは9秒98(-0.3)で軽やかに1着通過した予選のようにはいかなかった。中盤でアカニ・シンビネ(南アフリカ)、チームメイトでもあるトレイヴォン・ブロメル(米国)に離される。「他のどの選手もここに合わせてくると思った」。

それでも、持ち味の後半で粘った。9秒97で1、2着だったシンビネ、ブロメルに次ぐ3着を確保。2着以内で決められる着順通過は果たせなかったが、プラス通過の可能性を残した。

その後、坂井隆一郎(大阪ガス)が走った2組の3着が10秒13(+0.1)、昨年の東京五輪金メダルのラモント・マルセル・ジェイコブス(イタリア)が欠場した3組の3着が10秒06(-0.1)。サニブラウンがプラス1番目の位置をキープし、快挙の瞬間が訪れた。

日本人にとっても、サニブラウンにとっても、大きく立ちはだかってきた壁はもうない。世界のトップスプリンターが唯一、全精力を傾ける舞台・ファイナル。サニブラウンもそこで「戦う」ことを見据え、米国の世界トップクラスの環境の中でその走りを磨いてきた。

「後半はもっとまとめられた。タイムはもっと上げられるかなと思った」

準決勝1着との差を「そんなに離れていない」と感じられる状態で、いよいよ念願のスタートラインに立つ。

決勝は今日の午前11時50分(日本時間)に行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com