月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初出場で準決勝に挑んだ男子100mの坂井隆一郎「中間から終盤にかけて圧倒された」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた男子100m準決勝。初の世界選手権出場で予選を突破した坂井隆一郎(大阪ガス)は2組6着(10秒23/+0.1)で決勝進出とはならなかった。

「メンバー1人ひとりが強かった」とレース後にコメントした坂井。前半こそ得意のロケットスタートを決めたが、「中間から終盤にかけて圧倒された」と、世界の強豪がそろう中で自分の走りができなかった。

関大を卒業して社会人3年目。今年は日本選手権で自己最高の2位に入り、その後に世界選手権の参加標準記録(10秒05)を突破する日本歴代7位タイの10秒02をマークして初の世界選手権をつかんだ。

初の大舞台を終えた24歳は「準決勝で戦えたことはいい経験になった。またここで戦えるようにがんばりたい」と、来年のブダペスト世界選手権、再来年のパリ五輪を見据えていた。

坂井は日本時間23日10時05分からの4×100mリレー予選でも登場する見込み。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com