月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

10000mで廣中璃梨佳は12位 30分39秒71で日本歴代2位の好走!「周囲を気にせずレースを作れた」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた、女子10000m決勝。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が好記録をマークした。

号砲が鳴ると「自分のペースで引っ張ろうと思った」と一気に先頭へ。5000mあたりまでトップで通過して積極的な走りを見せた。だが、そこからは海外勢が徐々にペースを上げていく。廣中は先頭集団から引き離されたものの最後までトラックを駆け抜けると、日本歴代2位となる30分39秒71で12位に入った。

「もう少し、もう一歩でも前にいられたら良かった」と思う反面、「自己ベストを出す気持ちでいたので、それは達成できました」とうれしそうな表情。「周囲を気にせずレースを作れた」と攻めた走りを評価した。

廣中は大会6日目に行われる5000m予選にも出場予定。今回のレースで「駆け引きを感じて、前の集団と離れた時につける力が必要」だと実感し、それを「5000mや次のレースに生かしていきたい」とすでに先を見据えていた。

5000mでは「予選から決勝のつもりで臨んで、決勝に進みたい」。廣中のオレゴンでの戦いはまだ終わらない。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com