HOME 国内、世界陸上、日本代表
3回目の予選突破目指した男子400mH・岸本鷹幸は「前半から行けなかった」と反省/世界陸上
3回目の予選突破目指した男子400mH・岸本鷹幸は「前半から行けなかった」と反省/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子400mハードル予選。3大会ぶり4回目の世界選手権出場となった岸本鷹幸(富士通)が2組に出場し、50秒66の6着で準決勝進出は果たせなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

6月末時点での世界ランキングでは世界選手権の出場圏外にいたが、7月に入って有資格者が出場を辞退したため、7日に追加で代表入り。大会前には「4度目の出場となるので、全力で楽しんでこようと思います」と話していた。

レースでは東京五輪銀メダリストのアリソン・ドスサントス(ブラジル)が果敢に飛ばすなか、岸本は予選通過ができる4番手で競り合ったものの、残り100mで突き放され、「前半から行こうと思ったがいけなかった」と悔やんだ。

法大3年生だった2011年世界選手権テグ大会で準決勝に進出。13年のモスクワ大会でも予選を突破した実績を持つ。その一方で、12年のロンドン五輪直前に左大腿部を肉離れしたほか、故障も相次ぎ、ここ数年は日本代表から遠ざかっていた。

それでも、大学の後輩でもある黒川和樹(法大)の活躍にも刺激を受けて、昨年の日本選手権では49秒29で3位。今季はコンスタントに49秒台をマークし、7年ぶりに世界選手権の出場権を手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

今年で32歳となった岸本は「世界大会は何回来ても楽しい」と話し、「ケガが怖くて前半行けないので守りに入らず、攻められるような身体作りをしたい」と、来年の世界選手権、そしてパリ五輪に向けて意欲を燃やしている。

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目 オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子400mハードル予選。3大会ぶり4回目の世界選手権出場となった岸本鷹幸(富士通)が2組に出場し、50秒66の6着で準決勝進出は果たせなかった。 6月末時点での世界ランキングでは世界選手権の出場圏外にいたが、7月に入って有資格者が出場を辞退したため、7日に追加で代表入り。大会前には「4度目の出場となるので、全力で楽しんでこようと思います」と話していた。 レースでは東京五輪銀メダリストのアリソン・ドスサントス(ブラジル)が果敢に飛ばすなか、岸本は予選通過ができる4番手で競り合ったものの、残り100mで突き放され、「前半から行こうと思ったがいけなかった」と悔やんだ。 法大3年生だった2011年世界選手権テグ大会で準決勝に進出。13年のモスクワ大会でも予選を突破した実績を持つ。その一方で、12年のロンドン五輪直前に左大腿部を肉離れしたほか、故障も相次ぎ、ここ数年は日本代表から遠ざかっていた。 それでも、大学の後輩でもある黒川和樹(法大)の活躍にも刺激を受けて、昨年の日本選手権では49秒29で3位。今季はコンスタントに49秒台をマークし、7年ぶりに世界選手権の出場権を手にした。 今年で32歳となった岸本は「世界大会は何回来ても楽しい」と話し、「ケガが怖くて前半行けないので守りに入らず、攻められるような身体作りをしたい」と、来年の世界選手権、そしてパリ五輪に向けて意欲を燃やしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top