月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

10000m19位の五島莉乃は悔し涙「最初からついていけなかった。不甲斐ない走り」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた女子10000m。五島莉乃(資生堂)は自己記録(31分10秒02)から1分近く遅い32分08秒68で19位に終わった。

悔しいレースとなり、「世界選手権という舞台に立てたのに不甲斐ない走りになってしまいました」と涙ながらに話した五島。「自己ベスト、入賞を目指しましたが、最初からついていけなかったです」。序盤から集団の最後方に位置する苦しい走りになってしまう。2000m過ぎで集団から離れ、終盤は周回遅れ。「力の差を感じました」。フィニッシュでは先頭と約2分の差がついた。

中大時代は2019年ユニバーシアード10000m銀メダルなどの実績を残し、今回はシニアとして初の国際舞台。「緊張はしなかった」と言う。

結果的には力を出しきれず「レースの中でどんな走りをすればいいのか見つけられなかった」と振り返るが、まだ実業団3年目の24歳。リベンジできるチャンスはこれからも十分ある。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com