月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子3000m障害の山中柚乃は直前に右ハムストリングス肉離れ「スタートラインに立てるかわからない状態だった」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた女子3000m障害予選。1組に出場した山中柚乃(愛媛銀行)は、優勝候補のノア・ジェルト(カザフスタン)が引っ張るペースから大きく引き離され、10分18秒18の14着でフィニッシュした。

6月の日本選手権では自己新で連覇を飾り、7月6日のホクレン・ディスタンスチャレンジでも3000m9分13秒06と順調に調整を重ねていた山中だったが、渡米後の最初の練習中に右ハムストリングスを肉離れしてたという。

「スタートラインにも立てるか分からない状態」と明かし、トレーナーやスタッフのサポートを受け、テーピングを施して出場にこぎつけた。昨年の東京五輪に続く2度目の世界大会は不完全燃焼となったが、「3000m障害以外の種目でも力をつけていきたい」と前を向いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com