月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子400mH3大会ぶり出場の岸本鷹幸は50秒66で6着/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子400mハードル予選。2組に出場した岸本鷹幸(富士通)は50秒66で6着となり、予選突破はならなかった。

2レーンに入った岸本は中盤までは予選を通過できる4番手あたりで粘ったが、最後の直線で伸びきれなかった。

6月末時点では世界選手権代表入を果たせなかったものの、今月7日に世界ランキング上位者として、追加で出場が決定。2015年の北京大会以来3大会ぶり4回目の世界選手権で、11年テグ大会、13年モスクワ大会に続く3回目の準決勝進出を目指したが及ばなかった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com