月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

TABIO SPORTSからランニングソックス『レーシングランシリーズ』の新PVが発表!/PR


タビオのランニングソックス『レーシングラン』シリーズのプロモーションビデオに出演した田母神選手。普段の練習でも製品を着用している

日本トップレベルの選手が出演する新PV

「靴下屋」「Tabio」「Tabio MEN」などの靴下専門店を展開・運営するタビオ株式会社は、ランニングソックス『レーシングランシリーズ』の新たなPVを公開した。

『レーシングランプロ5本指』は田母神一喜選手(ⅢF/2015年インターハイ1500m優勝、2021年全日本実業団800m&日本選手権800m優勝)、『レーシングラン5本指』は細井衿奈選手(慶大/2017年U18日本選手権優勝、2018年インターハイ800m2位)、『レーシングラン』は道下美槻選手(立大/女子1500m日本学生記録保持者、2022年日本選手権女子1500m3位)が出演している。現役トップ選手ならではの走りのスピードはもちろん、トップ選手が持つ独特の雰囲気や表情も見どころとなっている。

着用シーンを撮影した細井選手

今回初めて撮影モデルを務めた道下選手

ランナーのトレーニングにも適した撮影地

撮影は静岡県裾野市で実施。陸上競技場はもちろん、標高1000m超の準高地環境に複数のクロスカントリーコースやロードコースを完備しており、話題の合宿地だ。

『レーシングランシリーズ』新PVの撮影地

レーシングランプロ5本指(田母神一喜選手)
400m×8レーンの全天候型である裾野市運動公園陸上競技場

レーシングラン5本指(細井衿奈選手)
裾野市運動公園と標高330mから550mまで総延長5㎞の「パノラマロード」


裾野市運動公園での撮影

レーシングラン(道下美槻選手)
標高1450mに1周最長950mのウッドチップコースが整備されている水ヶ塚公園クロスカントリーコース


水ヶ塚公園クロスカントリーコースでの撮影

タビオ株式会社について

タビオ株式会社は1968年の創業以来、50年以上にわたって「靴下を履いていることを忘れてしまうような“第2の皮膚”」を目指し、追求している。繊細な履き心地の靴下をつくるために、商品は長年の経験と技術を積んだ日本の職人たちが一つひとつ丁寧に編み立てている。現在では日本全国で「靴下屋」「Tabio」「Tabio MEN」などの靴下専門店を252店舗(2022年5月末時点)展開中。
また「Tabio」名の店舗をパリ、ロンドンなどにも展開し、Made in Japanの履き心地とデザイン性は海外でも高い評価を得ている。
事業内容
靴下の企画・卸・小売、直営店(靴下屋・タビオ・タビオオム)の展開、フランチャイズチェーン(靴下屋)の展開

<関連リンク>
TABIOSPORTS(公式サイト)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com