月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

3年ぶり開催の男鹿駅伝 大学の部は東洋大が逆転V! 高校は佐久長聖、仙台育英が制す


第69回全国男鹿駅伝が秋田県男鹿市で行われ、大学の部(7区間64.7km)は東洋大が3時間16分54秒で優勝を飾った。

東洋大は1区(13.4km)の村上太一がトップの中大Aから14秒差の3位でスタート。4区終了時点では首位の青学大から43秒差の4位だったが、5区(8.2km)で菅野大輝が23分12秒の区間賞で2位に浮上した。6区(9.9km)の兼原尚也も区間2位の力走で青学大との差を5秒にまで詰めると、最終7区(10.1km)の吉田周が30分17秒と区間2位に31秒差をつける圧巻の走りで逆転し、笑顔で優勝のフィニッシュテープを切った。

3区西川魁星が区間1位と健闘し、7区途中まで先頭を走った青学大は45秒差の2位。中大Bが3時間17秒50秒で3位に入り、2秒差で順大が続いた。

7区間42.8kmで行われた高校男子は佐久長聖(長野)が3区の永原颯磨でトップに踊り出ると、4区の小池莉希が区間賞でリードを拡大。5区以降も危なげない走りを見せ、2時間25分32秒で優勝を飾った。

仙台育英(宮城)と洛南(京都)との接戦となった2位争いは、仙台育英が2時間27分45秒で先着し、2秒差で洛南が続いた。

また、高校女子(5区間21.2km)は昨年の全国高校駅伝優勝の仙台育英Aが1時間10分12秒で快勝。立命館宇治(京都)が27秒差で2位。仙台育英Bが1時間10分43秒で3位だった。

男鹿駅伝は毎年夏に起伏の激しいコースで行われ、駅伝シーズンを占う前哨戦として、全国の有力校が参加する大会。2020年、21年とコロナ禍で中止となっていたが、3年ぶりに開催された。

■全国男鹿駅伝上位成績
●大学(7区間64.7km)
1位 東洋大   3.16.54
2位 青学大   3.17.39
3位 中大B   3.17.50
4位 順大    3.17.52
5位 中大A   3.22.16
6位 東海大   3.22.23
7位 明治学大B 3.30.21
8位 明治学大A 3.36.34
■区間賞
1区(13.4km) 千守倫央(中大A) 39.48
2区(11.8km) 中澤雄大(中大B) 36.29
3区(7.5km)  西川魁星(青学大) 22.00
4区(3.8km)  油谷航亮(順大)  13.19
5区(8.2km)  菅野大輝(東洋大) 23.12
6区(9.9km)  堀内郁哉(順大)  30.05
7区(10.1km) 吉田 周(東洋大) 30.17

●高校男子(7区間42.8km)
1位 佐久長聖(長野)  2.25.32
2位 仙台育英(宮城)  2.27.45
3位 洛南(京都)    2.27.48
4位 青森山田(青森)  2.28.37
5位 大牟田(福岡)   2.29.08
6位 藤沢翔稜(神奈川) 2.30.26
7位 大阪(大阪)    2.31.47
8位 北海道栄(北海道) 2.31.48

●高校女子(5区間21.2km)
1位 仙台育英A(宮城) 1.10.12
2位 立命館宇治(京都) 1.10.39
3位 仙台育英B(宮城) 1.10.43
4位 青森山田A(青森) 1.11.25
5位 京都外大西(京都) 1.11.51
6位 長野東(長野)   1.13.14
7位 仙台育英C(宮城) 1.13.52
8位 日体大柏(千葉)  1.16.15

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com