月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走幅跳・津波響樹が7m92で優勝も世界陸上に届かず「悔しいです」/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)1日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

男子走幅跳は津波響樹(大塚製薬)が7m92(+2.4)で優勝。日本選手権で2位に入っており、オレゴン世界選手権の参加標準記録8m22をクリアすれば代表に内定するため「記録だけを狙ってきた」だけに、「悔しいです」と唇を噛んだ。

日本選手権では公認で8m01(+0.8)、追い風参考で8m07(+2.3)と、3年ぶりに8m以上を跳んでいた津波。「助走の感覚は良かった」とつかんだ感覚を再現した。しかし、「跳びたいという気持ちが出てしまった」ことで踏み切りにズレが生じ、3回目に踵を痛めてしまう。4回目に跳んだものの7m60台にとどまり、「秋を見据えて」5、6回目はパスした。

ドーハ世界選手権、東京五輪と代表をつかんできたが、オレゴン世界選手権に届かず。「ちょっと休んでしっかり治します。助走スピードを生かせるようになってきた感覚はあるので、どの試合でも8mを跳べるようにアベレージを上げていきたいです」と、来年以降の日本代表復帰に向けてリスタートを切る。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com