月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100mはカーリーがV 準決勝で歴代6位タイの9秒76! 女子は伏兵のジェファーソンが制す/全米選手権


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

6月24日、オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた全米選手権の2日目がオレゴン州・ヘイワードフィールドで行われ、男子100mでは東京五輪銀のフレッド・カーリーが9秒77(+1.8)で優勝した。

前日の予選で9秒83の今季世界最高記録をマークしていたカーリーは、この日の準決勝で世界歴代6位タイの9秒76(+1.4)をマーク。決勝ではスタートで出遅れたものの、30mからの加速で他のライバルを抜き去り、80m付近でトップに立つとそのままフィニッシュした。9秒85の2位にはサニブラウン・A・ハキームと同じタンブルウィードTCに所属するM.ブレイシーが入り、15年世界選手権銅メダリストのT.ブロメルが9秒88で3位で、それぞれ来月の世界選手権の代表権を獲得した。なお、19年ドーハ世界選手権金メダリストのC.コールマンは決勝を棄権している。

女子100mではコースタル・カロライナ大の大学3年生のM.ジェファーソンが10秒69(+2.9)と追い風参考記録ながら、世界歴代6位に相当する好タイムで優勝。今月上旬に行われた全米学生選手権では8位という伏兵が女王の座を手にした。4年前の全米チャンピオンのA.ホッブスが10秒72で2位。U20世界選手権2位の実績を持つT.テリーが3位だった。

男子砲丸投では世界記録保持者のR.クルーザーが、パフォーマンス世界歴代4位タイの23m12を筆頭に23m台を3本放って快勝。東京五輪銀のJ.コヴァクスも22m87のシーズンベストで2位となった。女子円盤投でも東京五輪金メダリストのV.オールマンが66m92で中止となった2020年を挟み、大会4連覇を達成している。また、女子棒高跳ではS.モリスが今季世界最高の4m83をクリアして3年ぶりの優勝を飾った。

■男子100m世界歴代10傑[2022.6.24時点]
9.58  0.9 U.ボルト(ジャマイカ)  2009. 8.16
9.69  2.0 T.ゲイ(米国)      2009. 9.20
9.69 -0.1 Y.ブレイク(ジャマイカ) 2012. 8.23
9.72  0.2 A.パウエル(ジャマイカ) 2008. 9. 2
9.74  0.9 J.ガトリン(米国)    2015. 5.15
9.76  0.6 C.コールマン(米国)   2019. 9.28
9.76  1.2 T.ブロメル(米国)    2021. 9.18
9.76  1.4 F.カーリー(米国)    2022. 6.24
9.77  1.2 F.オムルワ(ケニア)   2021. 9.18
9.78  0.9 N.カーター(ジャマイカ) 2010. 8.29

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com