HOME ニュース、国内

2022.06.13

世界陸上代表内定会見に橋岡優輝、三浦龍司、田中希実ら7人が登壇 意気込み語る
世界陸上代表内定会見に橋岡優輝、三浦龍司、田中希実ら7人が登壇 意気込み語る

第106回日本選手権を終えた6月13日、オレゴン世界選手権日本代表会見が大阪府内で行われた。

今大会で世界選手権の代表即時内定を得た選手は10名。そのうち、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、村竹ラシッド(順大)、400mハードルの黒川和樹(法大)、3000m障害の三浦龍司(順大)、走幅跳の橋岡優輝(富士通)、女子1500m、5000mの田中希実(豊田自動織機)、5000mの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が会見に登壇した。

2度目の世界選手権(19年欠場)となる泉谷は「内定決定してホッとした気持ちと少しワクワクしています。昨年の東京五輪で果たせなかった決勝進出のために、準決勝でいいレースをしたいと思います」と世界のファイナルへの強い気持ちを見せた。

昨年は惜しくも東京五輪出場を逃した村竹は初の世界大会。「今まで画面の中で見ていた選手と走れるのがすごく光栄です」と言い、「チャレンジャーの精神で楽しんで、決勝進出を目指して予選、準決勝でいい走りをしたい」と決意を語った。

昨年の東京五輪に出場した黒川は「今シーズンはまだベストを出せていない。オレゴンでは日本記録レベルのタイムで走って決勝に進出したい」と五輪予選敗退の悔しさを晴らすべく挑んでいく。

東京五輪7位入賞の三浦は「この1年は世界選手権を目指してやってきた。やっとスタートラインに立てました」と語る。東京五輪では「興奮や緊張感を味わいながら楽しめていました。そういった気持ちを忘れずに再現したい」と三浦。今季の3000m障害レースを経て「課題が見つかっているので、短い期間ではあるが仕上げていきたい」と2度目の世界へ挑戦する。

2019年のドーハ世界選手権で8位、東京五輪では6位入賞を果たしている橋岡。今季は足首のケガもあったため、「オレゴンまでにしっかりケガを治したい」とし、「ドーハよりいい成績を残したい」と前回大会以上の好記録を狙う。その中で、「オリンピック翌年ということもあって少し余裕があります。今回は楽しむことを意識しながら結果にこだわりたい」と語った。

1500m、5000mの2種目に出場する田中は「調子の良し悪しにかかわらず、その時に自分ができることに向き合っていければ」と田中らしい走りをして、楽しさや自信につなげていく。東京五輪、ドーハ世界選手権と2つの世界大会を経て、「2大会で実践できたことを今回もできたら」とこれまでの経験を生かして2種目に挑む。

同じく5000mと10000mの2種目に出場する廣中。10000mは日本選手権10000mで代表に内定している。春先には体調を崩し、「どうなるかと思った」と言うが「10000mが自信になり、5000mへもつなげていけました」と笑顔。初の世界大会であった東京五輪は挑戦者としての気持ちで臨み、「今回もその気持ちを忘れずに積極的に挑もう」と強く語った。

さらに世界選手権での新ユニフォームも初お披露目。2015年から採用されているサンライズレッドに、頂(いただき)や志が表現されたデザインとなっている。橋岡は「世界一を目指すのに相応しく、身の引き締まる思い」とユニフォームと着用した感想を述べ、初の日本代表となった村竹は「日本代表になったんだ」と実感が湧いてきたようだった。

今年の世界選手権は7月15日から25日までの11日間、米国・オレゴンで開催される。チームジャパンの選手たちが世界の舞台で好記録を見せてくれることを期待したい。

オレゴン世界選手権の参加標準記録有効期間は6月26日までで、日本選手権3位以内に入っている選手が有効期間までに参加標準記録を突破した場合はその時点で内定する。その後、6月29日に世界陸連(WA)より参加標準記録とワールドランキングにおける出場資格者が発表され、出場権を得た選手のうち陸連の代表選考要項に則って残りの日本代表選手が発表される。

■オレゴン世界選手権日本代表(6月13日時点)※今大会での代表
男子
100m サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)4回目(15、17、19)
5000m 遠藤日向(住友電工)初
110mH 泉谷駿介(住友電工)2回目(19年※欠場)、村竹ラシッド(順大)初
400mH 黒川和樹(法大)初
3000m障害 三浦龍司(順大)初、青木涼真(Honda)初
走幅跳 橋岡優輝(富士通)2回目(19年)
女子
1500m・5000m 田中希実(豊田自動織機)2回目(19年※5000m)
5000m 廣中璃梨佳(日本郵政グループ)初

※すでに発表済みの内定者
●女子10000m
廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、五島莉乃(資生堂)
●マラソン
男子
鈴木健吾(富士通)、西山雄介(トヨタ自動車)、星岳(コニカミノルタ)
女子
一山麻緒(ワコール)、松田瑞生(ダイハツ)、新谷仁美(積水化学)
●20km競歩
男子
山西利和(愛知製鋼) ※前回の世界選手権優勝によるワイルドカード
高橋英輝(富士通)
池田向希(旭化成)
住所大翔(順大院)
●35km競歩
男子
川野将虎(旭化成)
松永大介(富士通)
野田明宏(自衛隊体育学校)
女子
藤井菜々子(エディオン)
岡田久美子(富士通)
●女子35km競歩
園田世玲奈(NTN)

第106回日本選手権を終えた6月13日、オレゴン世界選手権日本代表会見が大阪府内で行われた。 今大会で世界選手権の代表即時内定を得た選手は10名。そのうち、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、村竹ラシッド(順大)、400mハードルの黒川和樹(法大)、3000m障害の三浦龍司(順大)、走幅跳の橋岡優輝(富士通)、女子1500m、5000mの田中希実(豊田自動織機)、5000mの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が会見に登壇した。 2度目の世界選手権(19年欠場)となる泉谷は「内定決定してホッとした気持ちと少しワクワクしています。昨年の東京五輪で果たせなかった決勝進出のために、準決勝でいいレースをしたいと思います」と世界のファイナルへの強い気持ちを見せた。 昨年は惜しくも東京五輪出場を逃した村竹は初の世界大会。「今まで画面の中で見ていた選手と走れるのがすごく光栄です」と言い、「チャレンジャーの精神で楽しんで、決勝進出を目指して予選、準決勝でいい走りをしたい」と決意を語った。 昨年の東京五輪に出場した黒川は「今シーズンはまだベストを出せていない。オレゴンでは日本記録レベルのタイムで走って決勝に進出したい」と五輪予選敗退の悔しさを晴らすべく挑んでいく。 東京五輪7位入賞の三浦は「この1年は世界選手権を目指してやってきた。やっとスタートラインに立てました」と語る。東京五輪では「興奮や緊張感を味わいながら楽しめていました。そういった気持ちを忘れずに再現したい」と三浦。今季の3000m障害レースを経て「課題が見つかっているので、短い期間ではあるが仕上げていきたい」と2度目の世界へ挑戦する。 2019年のドーハ世界選手権で8位、東京五輪では6位入賞を果たしている橋岡。今季は足首のケガもあったため、「オレゴンまでにしっかりケガを治したい」とし、「ドーハよりいい成績を残したい」と前回大会以上の好記録を狙う。その中で、「オリンピック翌年ということもあって少し余裕があります。今回は楽しむことを意識しながら結果にこだわりたい」と語った。 1500m、5000mの2種目に出場する田中は「調子の良し悪しにかかわらず、その時に自分ができることに向き合っていければ」と田中らしい走りをして、楽しさや自信につなげていく。東京五輪、ドーハ世界選手権と2つの世界大会を経て、「2大会で実践できたことを今回もできたら」とこれまでの経験を生かして2種目に挑む。 同じく5000mと10000mの2種目に出場する廣中。10000mは日本選手権10000mで代表に内定している。春先には体調を崩し、「どうなるかと思った」と言うが「10000mが自信になり、5000mへもつなげていけました」と笑顔。初の世界大会であった東京五輪は挑戦者としての気持ちで臨み、「今回もその気持ちを忘れずに積極的に挑もう」と強く語った。 さらに世界選手権での新ユニフォームも初お披露目。2015年から採用されているサンライズレッドに、頂(いただき)や志が表現されたデザインとなっている。橋岡は「世界一を目指すのに相応しく、身の引き締まる思い」とユニフォームと着用した感想を述べ、初の日本代表となった村竹は「日本代表になったんだ」と実感が湧いてきたようだった。 今年の世界選手権は7月15日から25日までの11日間、米国・オレゴンで開催される。チームジャパンの選手たちが世界の舞台で好記録を見せてくれることを期待したい。 オレゴン世界選手権の参加標準記録有効期間は6月26日までで、日本選手権3位以内に入っている選手が有効期間までに参加標準記録を突破した場合はその時点で内定する。その後、6月29日に世界陸連(WA)より参加標準記録とワールドランキングにおける出場資格者が発表され、出場権を得た選手のうち陸連の代表選考要項に則って残りの日本代表選手が発表される。 ■オレゴン世界選手権日本代表(6月13日時点)※今大会での代表 男子 100m サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)4回目(15、17、19) 5000m 遠藤日向(住友電工)初 110mH 泉谷駿介(住友電工)2回目(19年※欠場)、村竹ラシッド(順大)初 400mH 黒川和樹(法大)初 3000m障害 三浦龍司(順大)初、青木涼真(Honda)初 走幅跳 橋岡優輝(富士通)2回目(19年) 女子 1500m・5000m 田中希実(豊田自動織機)2回目(19年※5000m) 5000m 廣中璃梨佳(日本郵政グループ)初 ※すでに発表済みの内定者 ●女子10000m 廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、五島莉乃(資生堂) ●マラソン 男子 鈴木健吾(富士通)、西山雄介(トヨタ自動車)、星岳(コニカミノルタ) 女子 一山麻緒(ワコール)、松田瑞生(ダイハツ)、新谷仁美(積水化学) ●20km競歩 男子 山西利和(愛知製鋼) ※前回の世界選手権優勝によるワイルドカード 高橋英輝(富士通) 池田向希(旭化成) 住所大翔(順大院) ●35km競歩 男子 川野将虎(旭化成) 松永大介(富士通) 野田明宏(自衛隊体育学校) 女子 藤井菜々子(エディオン) 岡田久美子(富士通) ●女子35km競歩 園田世玲奈(NTN)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top