月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初日ヘンプヒル恵がトップ!「勝ちにこだわる」5年ぶりVへ前進/日本選手権混成

◇日本選手権・混成競技(6月4日、5日/秋田県営)1日目

第106回日本選手権・混成競技の初日が行われ、女子七種競技はヘンプヒル恵(アトレ)がトップで折り返した。

5年ぶり優勝を狙うヘンプヒル。1種目めの100mハードルは今年やや記録が停滞していたため「不安だった」というが、13秒45(+0.4)をマークした。風が舞ったり、時折雨が降ったりと「難しい天候だった」と振り返るが、走高跳1m69、砲丸投も12m台(04)に乗せる。200mは気温も下がって25秒21(+0.9)だったが、「うまくまとめられたと思います」と、自己記録(5907点)前後のペースに及第点を与えた。

15年から17年まで3連覇。しかし、その後は17年夏に左膝をケガして手術し、20年の秋にも今度は右膝を痛めて2度目の手術をした。日本選手権は、その右膝をケガした時以来となる。

5年ぶり優勝に向けて、「点数は追いかけず、一つずつフォーカスしてきたことをやる」とヘンプヒル。昨年から陸上王国・米国に渡り、クリス・マック・コーチに師事しており、今大会もコーチが来日してくれた。「心のよりどころで、競技に100%打ち込めます」。これまで以上の角度を持って世界を見据えて取り組んで来たヘンプヒル。「一つずつやって自分のベストを出していけば勝てると思っています。勝ちにこだわります」。やるべきことをやれば、再び女王の座に就くと信じて突き進む。

◇4連覇中の山﨑有紀は2位

大会4連覇中の山﨑有紀(スズキ)は2位で折り返し。100mハードルで13秒86をマークし、砲丸投もセカンドベストの12m77。だが、全体的には「もったいない種目もあって、自分のパフォーマンスができたかというと微妙」と、3295点に渋い表情を浮かべる。「日本選手権は気持ちの強い人が勝つと思います。明日も頑張ります」と、ディフェンディング・チャンピオンとして強い気持ちでヘンプヒルを追いかけるつもりだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com