HOME ニュース、国内

2022.06.04

初日ヘンプヒル恵がトップ!「勝ちにこだわる」5年ぶりVへ前進/日本選手権混成
初日ヘンプヒル恵がトップ!「勝ちにこだわる」5年ぶりVへ前進/日本選手権混成

◇日本選手権・混成競技(6月4日、5日/秋田県営)1日目

広告の下にコンテンツが続きます

第106回日本選手権・混成競技の初日が行われ、女子七種競技はヘンプヒル恵(アトレ)がトップで折り返した。

5年ぶり優勝を狙うヘンプヒル。1種目めの100mハードルは今年やや記録が停滞していたため「不安だった」というが、13秒45(+0.4)をマークした。風が舞ったり、時折雨が降ったりと「難しい天候だった」と振り返るが、走高跳1m69、砲丸投も12m台(04)に乗せる。200mは気温も下がって25秒21(+0.9)だったが、「うまくまとめられたと思います」と、自己記録(5907点)前後のペースに及第点を与えた。

15年から17年まで3連覇。しかし、その後は17年夏に左膝をケガして手術し、20年の秋にも今度は右膝を痛めて2度目の手術をした。日本選手権は、その右膝をケガした時以来となる。

5年ぶり優勝に向けて、「点数は追いかけず、一つずつフォーカスしてきたことをやる」とヘンプヒル。昨年から陸上王国・米国に渡り、クリス・マック・コーチに師事しており、今大会もコーチが来日してくれた。「心のよりどころで、競技に100%打ち込めます」。これまで以上の角度を持って世界を見据えて取り組んで来たヘンプヒル。「一つずつやって自分のベストを出していけば勝てると思っています。勝ちにこだわります」。やるべきことをやれば、再び女王の座に就くと信じて突き進む。

広告の下にコンテンツが続きます

◇4連覇中の山﨑有紀は2位

大会4連覇中の山﨑有紀(スズキ)は2位で折り返し。100mハードルで13秒86をマークし、砲丸投もセカンドベストの12m77。だが、全体的には「もったいない種目もあって、自分のパフォーマンスができたかというと微妙」と、3295点に渋い表情を浮かべる。「日本選手権は気持ちの強い人が勝つと思います。明日も頑張ります」と、ディフェンディング・チャンピオンとして強い気持ちでヘンプヒルを追いかけるつもりだ。

◇日本選手権・混成競技(6月4日、5日/秋田県営)1日目 第106回日本選手権・混成競技の初日が行われ、女子七種競技はヘンプヒル恵(アトレ)がトップで折り返した。 5年ぶり優勝を狙うヘンプヒル。1種目めの100mハードルは今年やや記録が停滞していたため「不安だった」というが、13秒45(+0.4)をマークした。風が舞ったり、時折雨が降ったりと「難しい天候だった」と振り返るが、走高跳1m69、砲丸投も12m台(04)に乗せる。200mは気温も下がって25秒21(+0.9)だったが、「うまくまとめられたと思います」と、自己記録(5907点)前後のペースに及第点を与えた。 15年から17年まで3連覇。しかし、その後は17年夏に左膝をケガして手術し、20年の秋にも今度は右膝を痛めて2度目の手術をした。日本選手権は、その右膝をケガした時以来となる。 5年ぶり優勝に向けて、「点数は追いかけず、一つずつフォーカスしてきたことをやる」とヘンプヒル。昨年から陸上王国・米国に渡り、クリス・マック・コーチに師事しており、今大会もコーチが来日してくれた。「心のよりどころで、競技に100%打ち込めます」。これまで以上の角度を持って世界を見据えて取り組んで来たヘンプヒル。「一つずつやって自分のベストを出していけば勝てると思っています。勝ちにこだわります」。やるべきことをやれば、再び女王の座に就くと信じて突き進む。 ◇4連覇中の山﨑有紀は2位 大会4連覇中の山﨑有紀(スズキ)は2位で折り返し。100mハードルで13秒86をマークし、砲丸投もセカンドベストの12m77。だが、全体的には「もったいない種目もあって、自分のパフォーマンスができたかというと微妙」と、3295点に渋い表情を浮かべる。「日本選手権は気持ちの強い人が勝つと思います。明日も頑張ります」と、ディフェンディング・チャンピオンとして強い気持ちでヘンプヒルを追いかけるつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top