月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初V狙う奥田啓祐がトップで折り返す「そろそろ」世代交代狙う 2位に田上も「勝ちたい」/日本選手権混成


◇日本選手権・混成競技(6月4日、5日/秋田県営)1日目

第106回日本選手権・混成競技の初日が行われ、男子十種競技は前回2位の奥田啓祐(第一学院高教)が3970点でトップ、田上駿(陸上競技物語)が3878点で続いた。

「評価できる種目もあれば課題もあった」と奥田。得意のスプリント種目で見せ場を作り、100mで10秒82(+0.1)、400mで48秒28とトップを奪った。ただ、これまでもトップ通過しながら2日目を苦手として順位を落としているだけに、「自分にフォーカスを当てたい」と奥田。「110mハードルでしっかり記録を出せれば、円盤投や棒高跳につながる」と話す。

一方の田上は「かなり天候が難しい中で自己ベスト前後を出せた」と走幅跳(7m23/+0.8)、自己新の砲丸投(13m06)を自身で評価。特に投てきは重点的に取り組んできただけに充実感を漂わせる。反面、100m、走高跳、400mは「思ったほどいかなかった」と総括する。2日目は「得意種目の110mハードルと1500mで点数を取りたい」と見据えていた。

十種競技はここ12年、右代啓祐(国士舘クラブ)と中村明彦(スズキ)の覇権が続いている。奥田は「一緒に練習させてもらっているからこそ、そろそろ引導を渡すつもりで」と言い、田上も「大学生の頃から世代交代をしたいと思ってやってきたけど足りなかった。活躍して勝ちたい」と、ともに初優勝へ意気込んでいる。

2連覇中の中村は3位。日本記録保持者の右代啓祐は3630点で7位で折り返している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com