月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ケンブリッジが日本選手権断念 五輪代表・鈴木、田母神、藤本珠輝、和田有菜らもケガで欠場

日本陸連は5月31日、第106回日本選手権の欠場選手を発表した。

男子100mはリオ五輪代表のケンブリッジ飛鳥(Nike)が欠場。右股関節加療と、4月に遭った交通事故による治療、そしてコンディション調整に時間を要するため、としている。

その他では、東京五輪4×400mリレー代表の鈴木碧斗(東洋大)はケガのため、池田弘佑(あすなろ会)は体調不良のため欠場。昨年の日本選手権800m優勝の田母神一喜(IIIF)もケガのため見送っている。関東インカレハーフマラソンを制した藤本珠輝(日体大)もエントリーしていた5000mを欠場する。

女子では短距離の大石沙也加(セレスポ)や、5000mの和田有菜(日本郵政グループ)らが故障のため欠場リストに入っている。

オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた日本選手権は6月9日から12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開催される。

■5月31日に発表された欠場者リスト
●男子
100m ケンブリッジ 飛鳥(Nike)
100m 樋口陸人(スズキ)
100m 小林将一(ビルスコープ)
200m 鈴木碧斗(東洋大)
400m 池田弘佑(あすなろ会)
800m 田母神一喜(IIIF)
800m 村島 匠(TWOLAPS)
1500m 市村朋樹(サンベルクス)
5000m 藤本珠輝(日体大)
400mH 吉田京平(白石グループ)
●女子
100m・200m 大石沙也加(セレスポ)
800m 小山愛結(岩谷産業)
5000m 和田有菜(日本郵政G)
5000m 小坂井智絵(日本郵政G)
走幅跳 吉田花鈴(日体大)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com