月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界選手権代表の旭化成コンビ池田&川野が5000m競歩で貫禄の大会新/九州実業団


大会新で1位、2位を占めた池田(左)と川野(写真は輪島競歩/撮影:フォート・キシモト)

◇第65回九州実業団選手権(5月21日~22日/福岡・北九州市立本城陸上競技場)

九州実業団選手権の初日に行われた男子5000m競歩で、旭化成のオレゴン世界選手権代表コンビが貫禄を見せた。20km競歩代表の池田向希が18分40秒62で優勝、35km代表の川野将虎が19分21秒08で2位に続き、ともに従来の大会記録(20分21秒81、2015年)を大幅に塗り替えた。

池田も川野も、世界選手権代表入りを決めた4月16~17日の日本選手権35km競歩・全日本輪島競歩以来のレース。5000m競歩の自己ベストは池田が日本記録の18分20秒14、川野は同歴代3位の18分28秒26で、それには及ばなかったが、オレゴンに向けての一歩としてしっかりとまとめた。

世界選手権は19年ドーハ大会に続く2度目の出場となる池田は、ドーハの6位を経て、昨年の東京五輪の銀メダルへとつなげた。3月の世界競歩チーム選手権ではドーハ金メダル、五輪銅の山西利和(愛知製鋼)に敗れて2位だったが、1ヵ月前のレースで1時間18分53秒をマークするなど、東京で果たせなかった世界一への歩みを続けている。

川野は世界選手権は初出場。50kmだった東京五輪は6位。途中、熱中症に陥りながらも粘って入賞を確保した。今年から50kmから35kmに変更となり、20kmでも世界歴代10位(1時間17分24秒)のスピードをより生かせる。3月の世界チーム競歩で4位とあと一歩でメダルに届かなかったが、日本選手権では粘りの歩きで終盤に逆転Vと実力を発揮。悲願のメダルを目指す。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com