月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ハンマー投・福田翔大が大会新の69m88で史上2人目の3連覇も「今季1回もハマっていない」/関東IC

◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)3日目

関東インカレの3日目に行われた男子ハンマー投で、福田翔大(日大)が大会3連覇を達成した。この種目の3連覇は72~74回(1993~95年)の海老原亘(順大)以来。27年ぶり史上2人目の快挙だった。

1投目ファウルで、2投目は「残しにいって」65m85。「タイミングが取れていませんでした」と言う。3投目で69m49を投げ、前回大会で自身が作った大会記録68m84を更新した。4投目にはファウルながら70mを超えるスロー。5投目にさらに大会記録を塗り替える69m88で3連覇に花を添えた。

今季は常に70mを超えるなどアベレージは上がっているが「力はついていますが、1回もハマった投げがない」と福田。前日の砲丸投で自己ベストの17m41を投げて2位に入っているように、フィジカル面など全体的にパワーアップしているが、「合わせきれていない」と。課題についてもまだ探っている段階で、「モヤモヤ」が続く。

スウィングなど技術に関しては「日本トップの中でもへたくそ」と福田。だからこそ、伸びしろもいっぱいだ。福田が師事するのは、あの“アジアの鉄人”室伏重信氏。そして、福田が見据えるのは室伏広治の学生記録73m82を塗り替えること。

「自信はもちろんあります。地元での日本選手権でしっかり投げて連覇をしたいです」

ハンマー投のホープは世界を見据えて、偉大な先輩の記録を一つずつ塗り替えていくつもりだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com